MF文庫Jの今月の新刊の表紙絵が公開されていたので、早速眺めていたのですが、毎回話題にさせてもらっている【聖剣の刀鍛冶】の最新刊の表紙がエラいことになってて吹いた。
同作品はご存知の通り、メインヒロインのセシリーが毎回様々な衣裳を着こなす姿が表紙になっている。お陰で、セシリーのコスプレ劇場、みたいに言われているのですが、実際身につけている衣裳が異なってくると結構印象も変わり、私自身も毎回楽しみにしてたんですよね。
ところが、今回セシリーさんのコスプレがとんでもないことになっていたのです。

聖剣の刀鍛冶10

これはもうコスプレじゃねえ!!(笑
これまでのコスプレ劇場は、ちゃんと作中でセシリーが身につけた衣裳で構成されているので、ということはセシリーさん、本編でもこうなっちゃうわけですか。
そうですかーー(ニヤニヤ


と、MF文庫の新刊からはもう一つ、気になるというか見た途端に「わーい」と思った表紙が。

喰-kuu-


これって言わずもがな、これのリスペクトですよね(笑

咲-Saki 1 (ヤングガンガンコミックス)


でもこれ、内容の方も今までに見たことのないタイプっぽくて、面白そうなんですよね。どうや
すぐれた戦士には例外なく、賞賛と敬意をこめて二つ名が送られる。ある者は《氷山に咲く花》と、またある者は《四つの胃袋を持つ男》と、そして彼女はかつて、こう呼ばれた戦士だった――《極大引力》。突然バイト先に現れた大食い少女・井ノ原みのりの勇姿に魅せられた主人公・ハチは「俺と付き合ってくれ」といきなりの告白に打って出る。そんなハチに対しみのりは「これを食べきることができたらお付き合いします」と、三十人前の超巨大ラーメン『食神』を指さすのだった――。大食いに身を捧げた者達の熱きドラマが今始まる!!
大食い競争というとライトノベルで思い出せるのが、【鉄人定食】。【イリヤの空、UFOの夏】の三巻のエピソード【無銭飲食列伝】で繰り広げられた、あの伝説の決闘である。
さすがにあれと比較してしまうと可哀想なんだが、大食い対決と言われるとやはりあれが思い浮かんでしまうのは致し方ない。逆にいうと、あれに匹敵するようなモノが描かれていたとしたら、間違いなく傑作の域に達していると言える。楽しみにしてもバチは当たるまい。