トモちゃんの才能がとどまるところを知らなさ過ぎる!!(爆笑

毎度おなじみスガタ先輩の独り語りの際に、街中に張り巡らされつつある鉄パイプの謎、という話題が出たときには、正直「ん?」と思っただけであまり意識にも掛からずそのままスルーしていたんだが、トモちゃんの仕業だったとは、んなもん予想もできるか!
トモちゃんも成長したものである。ちょっと前までだったら、イカロスなどにカードを使わせて安易に覗きをやっていただろうに、最近はあまりエロスについてはイカロスたちに依存せずに自力で色々とやらかし出してるんですよね。
その辺は成長しているのかもしれないが、成長の方向が「変態に情熱と技術を持たせてはいけない」というベクトルになってしまっているぞw
鉄パイプに鏡を仕込んで、街中の覗きスポットから自室まで張り巡らせるだけでも相当なのに、エンディングじゃまた通な手改造までしちゃって。なんでそこまで頑張れるんだよww
でもトモちゃんの自由研究には大きな欠陥がある。
音声がない!

そんな自分の道をひたすすむトモちゃんとは裏腹に、カオス戦以降愛とは何か、という自問とマスターに対する感情の揺らぎへの動揺によって完全に恋する乙女になってるイカロスをはじめ、ニンフにアストレア、そはらまでどこか精神的に不安定な様子で、上の空。
華やかなりし恋の嵐、とは行かないんですよね。どこか脆く際どいバランスの上に辛うじて保っているような危うさが感じられる空気である。いや、危ういというよりも、儚いというべきか。
階段を降りていく女の子たちの背中が、どこか寂しそう。
一方で、トモちゃんはドヤ顔でトイレの水に吹き飛ばされておりました。やめろよドヤ顔ww

そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray]
そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray]
角川映画 2010-12-24
売り上げランキング : 238


Amazonで詳しく見る
by G-Tools