あやせもそこまで桐乃の趣味に踏み込もうとしなくてもいいのに(苦笑
親友である以上、相手の全部を受け入れたい、という願望でもあるんだろうか。それって友達というよりもむしろ恋人相手の対応のような気もするけど、もしかしたらあやせは入れ込んだ相手には概ねそういう態度で挑んでしまうのかも知れない。
カナコ相手のあのぞんざいさは笑ったけど。桐乃は親友で、カナコは違うのか?w

桐乃は桐乃で兄貴への態度はひねくれているけれど、あやせも相当だね。京介を本気で嫌って警戒しているなら、そもそも会おうとすらしないと思うんだけど、まるで悪い道にでもハマっていくみたいに、恐る恐る京介に近づいていくあやせ。イヤも嫌よもなんとやら、と思うとこっちも趣深い関係である。そんなあやせの趣向に反応してしまったのか、京介もこれ以降だんだんとあやせに対する反応が完全に変態化していくんだよなあ(笑
あの態度は、エロゲやメルルに狂乱している桐乃と殆ど同じ。さすがは兄妹である。
それにしても、桐乃の罵倒よりもあやせの罵りの方が性的に興奮するのは何故だろう(笑 あれ、あやせも絶対快感に感じてるよなw

さて、自分がコスプレするのは嫌だったので、カナコをダマクラカシテ大会に出場させ、優勝商品をゲットしようとするあやせ。完全に悪女じゃないかw
そういえば、京介がマネージャーみたいな形でカナコやブリジットに関わるようになるのもこれが端緒だったんだっけ。ここであやせに変な紹介のされ方されるから、後々変なことになるんだよなあ。まあ、ああいう格好すると高校生に見えないのは、そこそこオトナっぽいということだろうか、京介氏。
ここで、何気にクラスメイトの友人の名前借りてるんだけど(赤城)、アニメしか見てない人は誰? って感じだろうな、これ。赤城ってたまにチラチラっとしか出てこないし。こいつも原作の方ではのちのち異様な存在感で以て、京介とシンクロするんだが。

桐乃のリアル友人たちの方も、個性的というか異色というか、普通の人種じゃなくなってきて見てて楽しいや。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-12-22
売り上げランキング : 15


Amazonで詳しく見る
by G-Tools