うおおおっ、今回戦闘シーンはなかったけど、その分内容盛りだくさんで面白かったーーっ!

以前から、巫女は島を出れない、という話は出ていたけれど、具体的にはこういう仕組みになっていたのか。これは仰天させられた。結界というからてっきり物理的な選択排除か、精神誘導みたいなものかと思ってたら、これ時空結界とでも言うシロモノじゃないか。
島を出ようとしたら、時間が逆戻りしてしまうなんて。
ゼロ時間も相当だったけど、仕掛けの規模が尋常じゃない。魔法を通り越して仙術レベルだ。これはぶっちゃけどうやっても突破は不可能と考えるしか無い。
このどうやっても島から抜け出せない繰り返しのループにはゾッとしてしまった。

いや、背筋が寒くなったのはそれ以前の展開が下地になってたんだろう。先週次回予告を見たときはてっきりタクトを巡って姉妹の仲が割れてしまう、程度に考えていたんだけどなあ……状況はそれどころじゃない悪化を見せている。まさか、ここでマリノの存在が疑問視されてくるとは。前回、アインゴッドの見た過去の回想に、ミズノの姿しか無くマリノがいなかった事、実のところ今週の放映見るまでそこまで危惧してなかったんですよね。だって、マリノちゃんとここにいるもの。他の人だってみんな認識してるし、確かにそこに居たんだから。
……うわぁ。
途中の演出もかなり凶悪。カメラワークが、何度かマリノがフッと幻みたいに消えてしまった、みたいな映し方をするものだから、そのたびにドキリとさせられて、揺さぶるわ揺さぶるわ(^_^;)
アインゴッドの見せた光景に、最初は驚いてたマリノだけど、今週はなんか悟っちゃってるような感じすらあって、不安は募るばかり。
何より、訪ねてきた母親がミズノの名前しか呼ばなかったのがなあ……マリノはそれに動揺もせず、会おうと言ってみたりとか。あれ、あの場面でミズノがキレたのは母親と対面したくなかったから、というよりもむしろ母親とマリノが顔を合わせることで何かが露呈してしまうのを恐れたように見えたのは気のせいではあるまい。直前、二人がしていた会話も反転して直接掛かってきてたし。
うーむ、考えれば考えるほど今週の話、構成としても演出としても非常に際立ってた。めちゃくちゃ面白かったです。

ヘッドはついに正体を明かしてスガタを取り込みに来ましたね。というか、ヘッドって学生じゃなかったのか。あのRのサインって……。

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2011-01-26
売り上げランキング : 27


Amazonで詳しく見る
by G-Tools