先週、マリノとミズノが喧嘩する前にしていた会話の伏線、掛かっていたのはそっちじゃなくて、ラストの展開の方だったのか。良かった、良かったよぅ。もう半ば諦めていただけに、ミズノの涙におもいっきり貰い泣きしそうになりましたよ。
楽しいことだけ考えていられるように、他のすべてをマリノに押し付けて気軽にすごしてきたミズノ。でも、マリノが居なくなったことで、母親が現れたことで、彼女に突きつけられたのは逃れられない、楽しいだけじゃいられない現実。
それと真正面から向き合えたとき、ミズノは夢見る幼子を卒業し、自らの分身と対等の、可憐な少女へと羽化するのでした。これまで、圧倒的にマリノ派だったんですけどね、自分。先週、今週の一皮むけたミズノは、マリノと同じくらい魅力的なヒロインになってくれて、嬉しいと同時に残念でした。これで、一旦退場となってしまったからなあ。
でも、このまま去ったまま、という事は無さそう。サカナちゃんと同様、肝心要な場面で戻ってきてくれそうな気がする。
……しかし、あの青いタウバーンといい、絵のサインといい、初登場した爺ちゃんの容姿から推察するに、やはりあのヘッドがタクトの父親、ということになるのかしら。
じゃあ、サカナちゃんはタクトのお義母さんになる可能性があるのかっ!! なんだか素晴らしいですね、サカナ義母さん!!
いやいや。

ニシの巫女の封印が破られ、ついに綺羅星十字団は第三フェーズに。ヘッドが自信満々に近々、銀河美少年は敗れ去る! の宣言は達成されるのか。ヘッドVSタクト、その結末はッ!?
って、この流れだと明らかにヘッドが勝利、というパターンだったんですけどねっ!

タクトがこの島に来る前の回想。過去の出来事。描かれたのは端的で短いシーンをつないだもので、詳しく何があったのか、という点については、人間関係も含めて詳細は明かされてないのだけれど、どちらかというと普通の少年だったタクトに今のタクトとなる輝きを与え、去って行ったナツオという友人の姿は印象的で、何やら理屈じゃなくあの胸の十字の傷をシルシとして抱えたタクトは負けないッ! という気分にさせられてしまい、圧倒的優勢だったヘッドに大逆転勝利を収める流れも、すんなりと納得。あんな記憶を見せられちゃあ、負けてもらっちゃ困るものねえ。

しかし、第三フェーズに移行した上に十字団の仮にもトップだったヘッドが敗れ去ってしまって、一体これから十字団としてはどう出るんだろう。予告では何やら縦ロールの新キャラが出てたけど。あの縦ロール、仮面つけるのに邪魔だろう!?

STAR DRIVER<スタードライバー> 輝きのタクト2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
STAR DRIVER<スタードライバー> 輝きのタクト2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2011-02-23
売り上げランキング : 86


Amazonで詳しく見る
by G-Tools