ツッコミどころが多すぎて、逆に感想書きにくいアニメだな。その点に置いては、前期のミルキィホームズと似通ったところがある。
あれと違うのは、ミルキィが常に最初から最後までぶっ飛んだハイテンションギャグアニメだったのに対して、このゾンビは一話は兎も角として、二話、そしてこの三話とむしろローテーションな所なんですよね。
主人公の歩からして、ゾンビらしく生気が無いし、ヒロイン衆もユーは喋りもしないし、セラは一定してクール。ややも煩いハルナだけど、煩い割にハルナってむやみにテンションが高いわけじゃないんですよね。
お陰で、テンション自体はずっとかなりローのまま進むという、ギャグアニメとしてはかなり特殊な在り方してるんですよね。
だからと言って面白くないのかというとそういう訳では決して無く、何やら黙々と間髪入れずに投入され続けるネタの応酬に、ジワジワとした笑いが途切れること無くわきあがってくるので、多分不気味な笑みを浮かべながら時折「ウヘウヘ」と不気味な声を漏らし続ける怪しい人がここに居る(苦笑

実のところ、エロエロさでは今期屈指じゃないのかとセラの胸の谷間を覗きながらしみじみと思う。夢喰いメリーが、メリーのおへそを描くことに異様な拘りを見せているのと比べるなら、このゾンビはセラさんのおぱーいを、あの巨乳を如何に魅力的に強調するかに人生を賭けてるような熱意が感じられるんですよね。
どの場面でも、あの胸に目が行ってしまう。もはや、胸しか見ていないし。セラの顔とか見てないしッ!
やたらめったら脱がすなんて邪道。エロスとはこうやるのだよっ、と力説せんばかりの描き方。
素晴らしい。
かと言って、巨乳にばかりかまけているのかといえば、ハルナの貧乳の見せ方にも同じくらいのエネルギーが投入されているのだ。
なんだ、あのユルユルTシャツはっ! ネックがスカスカなものだから、胸元が緩すぎる。みえちゃうみえちゃうっ。ツイスターは前世紀で発明されたゲームの中でもあり得んゲームですね。ありえん! というか、なぜ歩の家にある。

今の所、歩の家に居座って食っちゃ寝ばかりしているだけのヒロイン衆だが、ジェンガ勝負を見てようやくこいつらが本当に凄いことを実感した。なにあのジェンガ。観たことないよ、あんなのw
そして、秘剣つばめ返しとはなんだったのか。
実は適当に言ってるだけじゃないのか、ということにようやく気がついた。戦闘シーンの必殺技も適当だったんだな。
そして、麻雀もまた新境地に。どういうルールだ。訳がわからない!!


にしても、パターンとして落ち物系居候ヒロインって、学校に付いていけない事で随分とごねたりするものだけれど、こいつらは家でグダグダと管を巻いてる事に対して何も不満抱いてないんだな。というか、ダラダラだらけていることを謳歌しまくってるし。なんていいご身分だっ!

そして、今週のユーの声当ては金田朋子。贅沢だっ、贅沢だっ!

とまあ、ギャグに終始して終わるのかと思えば、かの歩が死ぬに至った連続殺人事件の真相について劇的な進展が。
って、明らかにアヤシイのそのツインテールじゃねえか。
だいたい、あの織戸が妹的存在とか言ってハアハアしていない時点でおかしい。そこがおかしい!

[初回特典:Amazon.co.jp限定絵柄携帯デコシール付] これはゾンビですか?第1巻 [Blu-ray]
[初回特典:Amazon.co.jp限定絵柄携帯デコシール付] これはゾンビですか?第1巻 [Blu-ray]
角川映画 2011-03-25
売り上げランキング : 446


Amazonで詳しく見る
by G-Tools