タカシ「……かっこいい」
シモーニ「……かっこいい」
私「……かっこいい」

はからずも登場人物とつぶやきがシンクロしてしまった、マジでw

いやあ、あの豪華客船、伊達や酔狂で持ち込んでたんじゃなかったのか。人妻女子高生のただでさえ高かった株価がうなぎのぼりだよ。どうしてこの人が綺羅星のリーダーじゃないのか不思議なくらい。やっべえ、これ惚れるわ。どれほどの男になればこんな人を嫁に出来ると言うんだ。

という訳で、話はついに第三の封印が解かれてクライマックスもクライマックスなんだが、あれ!? もう次回最終回なの!? あと一話で終わるの!? 
結局、スガタって全部ワコの事を考えて動いているっぽいなあ。演じるのが得意だ、というセリフにもあるように、ワコを巫女のくびきから解き放つために敢えて綺羅星った(先のバイク先輩の綺羅星五段活用は使える!)っぽい。一途な男である。そして不器用な男である。決してケイトに靡いたわけじゃ無さそうなのは、委員長にとっては辛いところだけれど、彼女は彼女でそれでいいのだと納得しているからなあ。幼少の頃に三人の間に起こった出来事、ワコとケイトがアプリボウゼした事故の時の事を見ても、ケイトって影の女に徹してしまっているっぽいし。
しかし、あの子供の時の事故って、スガタ死んだのか!? それをケイトが生き返らせたのだろうか。どうやらあの頃から継続的にケイトはスガタの元を訪れてエネルギー補給をしていたようだけれど。
それに、ケイトがスガタを生き返らせた直線、トーテムの下敷きになったスガタを助けたワコの能力。あれはどういう力だったんだろう。単に下敷きになったスガタを移動させただけ、のはずないんだよなあ。傷などを回復させた? その辺の真相は明らかになるんだろうか。
いずれにしても、一途にワコを想い続けるスガタに対して、タクトはやや気後れ気味。なんか、寮に戻ろうとしたり珍しく負け犬モードに入っている。そんなメンタリティで大丈夫なんだろうか、もう最終回なのに。

次回予告では、なにやら綺羅星のスタードライバーたちがみんなサイバディに乗り込んでいるっぽいのだけれど、いったいどうなるんだこれ。本当に次回で終わるんだろうか。第二期に続く! みたいな形になるのか、というかそれを期待しているのか、自分は。 サカナちゃんたちも戻ってきてないもんなあ。

STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説
STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説
バンダイナムコゲームス 2011-03-03
売り上げランキング : 278


Amazonで詳しく見る
by G-Tools