ニコニコ動画にてウェブ配信中なのであります。
いわゆる黒猫ルート。桐乃がいないにも関わらず、当然のように京介兄ちゃんの部屋に遊びに来る黒猫と沙織なんだが、むしろ桐乃がいない方がくつろいでいるように見えるのはさて、なぜなのでしょう(笑
黒猫なんか、京介のベッドを自分の定位置にしてしまっている始末。男の部屋にきてベッドを自分の居場所にしてしまうって、この娘わかってやってるのか。こののち、黒猫さんは沙織が居ない時でも一人で遊びにきて京介の部屋に入り浸るようになる訳であるが、京介も部屋に女の子を招くという意味を分かってるのか何なのか。これまで桐乃が居たせいもあってか、地味子の家にお邪魔する事は多くても、自分の部屋にはあんまり招いてないっぽいんですよね。だから、そんなに自分の部屋に女の子をあげるなんてイベント慣れてないはずなんだが。この時点ではまだ女の子として見てたわけじゃないんだろうなあ。
黒猫さん、ベッドの上でそんな座り方してたらパンツ見えてしまいます。二人きりだったら誘ってると思われても仕方ないぞなもし。

さて、珍しく沙織女史の愚痴がきけました。思わず一人称を私、と言いそうになっているあたり、それだけ桐乃に対して本気で愚痴っていたのでしょうけれども、同時にそれだけ京介に対してキャラ作りせずに素で接してしまいそうになる気安さが生まれてきてた、とも取れるわけで。あれで、何気に一番ガード硬いんですよね、沙織って。
桐乃が沙織たちとも連絡を取っていない、というのは留学編での伏線にもなっているはず。彼女たちだけじゃなく、家族にも、確かあやせたちにも連絡取ってなかったはず。それだけ、今の桐乃は自分を追い詰めていってるわけですが、そのころ兄貴と来たら、可愛い後輩に夢中なのであった。
黒猫こと瑠璃ちゃんも性格的に意地っ張りで突っ張るけど、京介からすると肉親である桐乃と違って、あくまで他人である黒猫のそうした態度に対しては、かなり冷静に自分の行動を振り返る事も含めて対処出来てるんですよね。そして、自分のエゴや気持ちに対しても素直に吐露できている。桐乃の時みたいに色々と自分に言い訳してない分、行動が早くて結構的確なのである。
黒猫が気になる相手だった京介に、本気で転んだのって多分、この時期だと思うんだよなあ。黒猫からすると、自分の性格的な欠点とかよく自分で理解してると思うんですよ。それを余すこと無く見られた上に、嫌な部分も随分と叩きつけているのに、京介と来たらそれでも凝りずに構ってくれて、助けてくれて、その上で黒猫のそうした性格を否定せずに、それ込みで可愛がってくれる。そりゃ、惚れますよー。
今回の話のラスト、二人で下校しているシーンなんか、ニヤニヤしっぱなし。まさに黒猫のターンである。

そんでもって、今回のもう一人の注目株が赤城妹である。いやあ、思っていた通りという以上にやらかしてたなあ。いいキャラになってた。あの釣られっぷりは芸術的ですらある。京介もあれは巧妙すぎましたけど。元々、赤城の妹と睨んでいたからこそ、前情報あっての仕掛けだったんだろうけど、腹芸上手くなったよなあ(苦笑
こっから、モブにすぎなかった友人の赤城が、京介を病的に上回るシスコンとして異様にキャラ立ちしてくるので、何気に楽しみだったりする。この兄妹、アホで面白いんですよー(笑

個人的には、黒猫はゴスロリよりも制服姿の方が可愛いと思うんだけどなあ。


俺の妹がこんなに可愛いわけがない 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス 2011-04-06
売り上げランキング : 72


Amazonで詳しく見る
by G-Tools