やっ、これはちょっと意外すぎるほど意外。流子さんって、ガチで真のこと好きだったの? 転校当初から恐ろしく自然に接近してきて一緒に過ごすようになっていたので、逆にまったく男の子として見てないと思ってた。曰くあり気な態度も、いわゆる勘違いさせてしまうタイプの子なのだろうと納得していたのだけれど。
勿論、無意識上では真のことが気になっている、というくらいならあるだろうなー、とは思いましたけど、今回の話見てたら無意識では、という段階じゃないでしょう、これ。はっきりと自分の気持を自覚し、真との距離感を推し量ってないと出てこない言動ですよ。嫉妬まみれの乙女心そのものだ。
というわけで、バイトをするエリオと遭遇し、彼女と真の仲の良さを目の当たりしてしまった流子さん。友達のお誘いを蹴っ飛ばしてまで、雨の中、真とエリオの様子をストーキング。さらに、エリオの評判の悪さを真に囁き、二人の仲が進展しすぎないように牽制して自己嫌悪。前川さんが真くんの家に遊びにいくと知るや、強行に同行を主張。藤和邸では、エリオに構う真を許せず、懸命に気を引いて対抗。
これで別に彼の事はなんでもないんだよ、とか言い出したら発狂するぞ、誰彼が。
エリオと流子さんの攻防を優雅に見物していた前川さんが実に楽しそうで幸いでした。なんでこの人コスプレなんかしてるんだろう。それがなかったら殆ど完璧なのに。というか、ふとん女とコスプレ女って大して差がない気がするんだが、前川さんはさりげなく人目は避けてるんだろうか。

流子さんの囁きを微妙に気にしてる真くん。エリオと仲良いと知られると学校で立場なくなるよ、ってえっ、お前友達いないじゃん。別に立場とか気にする必要ないじゃない。とか言ったら怒られるか。映ってないだけで普通に交友関係あるのか……無さそうにしか見えない。


電波女と青春男 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
電波女と青春男 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
キングレコード 2011-06-22
売り上げランキング : 103


Amazonで詳しく見る
by G-Tools