花咲くいろは 第8話 走り出す

おい、このコンサルタント正気か!? 素人でもわかるくらいむちゃくちゃ言ってやがるぞ!? だいたい、次郎丸さんが探ってきた客が覆面記者かどうか分からないのに、間違ってたらどうするんだ。次郎丸さんだぞ!?
それに、サービスに差を付けてると知られたら、旅館として致命的。旅行雑誌の記者であって週刊誌の記者じゃないからまだマシかもしれないけど、情報はすぐに回るぞ。相手が記者じゃないとしても、サービスの悪さがお客さんを通じてネット上で散逸するかもしれないし。
ともかく、サービス業でサービスを蔑ろにしようという提案それ自体が狂ってる。このコンサルタント、絶対此処以外では業務してないよ。こんな仕事してたら干されるどころか訴えられるし。

暇だった所に突如常連の予約や飛び込みの客が集まり、なこちと徹が休みを取っていた事もあって喜翠荘は慌ただしい雰囲気に。張り切って自分も仲居をやる、と腕まくりしたとたん、発作で病院送りになる女将さん。若旦那に呼ばれて勇躍喜翠荘を破滅に追いやろうとするコンサルタント。実はプレッシャーに弱い小心者であることが発覚してしまった板長。
先週の巴さんのセリフじゃないけど、はい喜翠荘おわたー、状態である。
板長、こんなところで豆爺と並ぶ喜翠荘の萌えキャラだったことを暴露しなくていいから!! なんでこんな立派そうな料理人が、こんなうらぶれた旅館の板前やってるのかと不思議に思うこともあったのだけれど、そうか……これじゃあ重圧かかるような職場だと無理だな。巴さんも何だかんだと流されちゃってるし、駄目だこの旅館。しっかりした人がホントに居ねえ。女将さん居ないとジ・エンドだ。徹さんは口は悪いけど、あの人が一番しっかりしてるのか?
そんな喜翠荘滅亡カウントダウンに突入した中で、緒花が女将さんの代わりに奮起。いいなあ、此処にはいない女将さんの代わりに、喜翠荘の在り方を代弁する緒花、カッコイイわ頼もしいわ。あー、やっぱりこの娘以外次の女将はいないわー。消去法かもしれないがw
しかし、この娘のやり方は泥臭いなあ(苦笑 なこち、休みのところを呼び出されて嬉しそうなのはいいんだが、ちょとヘンタイっぽいぞ。

と、緒花が走りまわる一方で、ついにコウちゃん襲来。緒花が今回萎んでいた時にタイミングよく電話かけてきたり、とコウちゃんの存在は確かに緒花の力となり勇気を与えているんだけれど、なんかすれ違いフラグがひしひしと。徹さんを呼びに行った事が巧いことこんがらがりそうな伏線になってるよなあ。でも、コウちゃんにはよければ叔父さんクビにして、若旦那を交代して欲しいんですが。

花咲くいろは 8 [Blu-ray]
花咲くいろは 8 [Blu-ray]P.A.WORKS

ポニーキャニオン 2012-02-15
売り上げランキング : 295


Amazonで詳しく見る
by G-Tools