オカリンの全力疾走が止まらない!!!

まゆりがオカリンの人質になった過去回想のエピソードですら、小休止どころか次の加速への溜めにしかならない勢いである。
オカリン、生来の厨二病患者というわけじゃなかったのか。つまり、捕まえておかなければどこかへ行ってしまいそうなまゆりを人質として地上に引き止めておく為に、彼はマッドサイエンティストにならなければならなかった。でも、彼が鳳凰院凶真になってしまった事が結果的にこの事態を引き起こしてしまったのだとしたら、皮肉すぎる話である。
それでも、まゆりを救うためにオカリン、走る疾る迅る!!
とはいえ、現状パニックに陥っていて冷静な判断が出来ているのかあやしく見える。既にSERNの手が伸びてきている以上、当該時刻にラボから逃げたとしても当然追われるわけでその場は凌げても何の解決にもなってないんですよね。とりあえず当面の悲劇から逃げるために、オカリンは必死になっているわけだけれど、クリスたちにももっと協力を求めたらいいのに。理由も何も言わずにただ遠ざけようとするだけでは余計に危険とすら思える。特にクリスは僅かなオカリンの態度からオカリンがタイムリープしてきたと悟るくらい状況の把握力に長けていて、オカリンのパートナーとして力を存分に発揮してくれそうなのに。
最初のあの場面ではクリスも撃たれているのに、オカリンはやっぱりまゆしぃ最優先なのか。

そのまゆしぃ、SERNに狙われるだけではなく、既に結末自体が改変不能になっている!? まさか、幼女がSERNの刺客とは考えにくいし。って、あれは幼女にとってトラウマどころじゃないよな。オカリン、なんで手を離したッ!!
これはもう、次回が待ち遠しくて仕方ない。

STEINS;GATE 史上最強のスライトフィーバー (1) (角川コミックス・エース 158-9)
STEINS;GATE 史上最強のスライトフィーバー (1) (角川コミックス・エース 158-9)森田 柚花

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-06-24
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools