神様のメモ帳 page.1「彼女について知っている二、三の事柄」

えっ? 47分ってなにこれ? 1話2話の連続放映という事じゃなくて、この時間で一話なのか?
全然記憶にない話の展開に目を白黒させながら見ていたのだけれど、これオリジナルなのか。あの大事な一巻の話を放り出しておいて、いきなりオリジナルで導入やるなんて、と思わないでもないのだけれど、これがどうしてドラマとしては非常に良く出来てたように思う。話の内容も【神様のメモ帳】の作風にきちんと沿ったもので違和感なかったですしね。
二人の大事な人に半分ずつしか見せられなかった本当の自分。大切な人に曝け出す事も出来ず、結局は自傷の果てに自らを押し潰してしまった彼女が最後に望んだものは、二人に残したピースを合わせることで本当の自分を見つけてもらうこと。なかなかシンと染み入るおはなしで、これ小説として心理描写なども丹念に描いていったらかなりの良作になったんじゃないだろうか、と思えるくらいには込み入った良い話でした。
でも、だからと言って導入に持ってくるのはねえ。これだとナルミはなし崩しと成り行きだけでアリスたちと関わっているだけになっちゃって、繋がりとしてはいまいち弱いんだよなあ。一連の事件の中でアリスが語った、自分たちがニートを名乗る理由。それこそが、ナルミとアリスたちを繋ぐ決定的な結び目となるはずで、それを置いてけぼりにしたまま話を進めていくのはなんともかんとも。
予告見たら、いきなりメオの話いくみたいだし。アヤカの話はどうするんだよう。

とはいえ、出来栄え自体は思ってた以上にしっかりしているので、なんとか期待したいところなんだけど。
ほかは兎も角、あのアリスの声はどうなんだろう。あんなたどたどしい喋り方じゃなくて、もっと立て板に水を流すみたいに喋るイメージなんだよな、アリスは。

主人公のナルミは、見た感じまんま流され放題の主体性のない巻き込まれ型主人公という風情ですが……いや、あのヘタレっぽいスタイルは今後も一切変わったりもしないのですが、何故かあのままで、恐ろしくアウトサイダーな人材になっていくという面白いキャラなのである。原作最新刊あたりだと、高校生という属性がかなり薄くなって、裏社会の顔役みたいな立ち位置になってるしw

カワルミライ
カワルミライちょうちょ

ランティス 2011-07-27
売り上げランキング : 205


Amazonで詳しく見る
by G-Tools