おおっ? 阿幾逃亡の顛末もちゃんと映像化してくれた。二話で飛ばされたから、てっきりカットされたのかと思ったが。この様子だと、原作の順番で描かれなくても多少前後してちゃんと描いてくれそうだな。今回のラスト近辺の阿幾と勾司朗の戦闘シーンも。

しかし、勾司朗は見た目すげえなあ。なんだよあれ。漫画だと見慣れてしまって気にならなくなっちゃったけど、いきなりあの格好で出てこられると何者!? とか度肝抜かれるよなあ。
あれで美人の嫁さん居るんだぜ?
最初に出てきてやられちゃうヤラレ役じゃないんだぜ? ちゃんと強いのよ?
初見だと、すぐに阿幾にぶち殺されそうな雰囲気だもんなあ。実際は逆にぶちのめしているのだけれど。
しかも、めっちゃイイ奴なんだぜ、勾司朗。ムラの中じゃ一番まともで頼もしい良識人なんじゃないだろうか。

日々乃さんのおぱーいがえらいことになってる。いや、あのサイズって描くの難しいんだな。なんか作画が扱い兼ねている、というかバランスを保つのにえらい苦労しているような。
漫画だと日々乃さんのおぱーいはでかいやわらかい美しいの三拍子揃った巨乳なのに美乳という素晴らしいラインを描いているのだけれど、あの絶妙すぎるバランスはアニメではかなり難しいようだ。
でも、日々乃さんのおぱーいは詩緒の顔芸と並んで神様ドォルズの二枚看板なので、なんとか頑張ってほしい。

看板娘というと、詩緒がドジっ子ロリウェイトレスで見事に客層をゲットしている模様。明らかにこれ目当てで客が集まって売上アップとか、間違ってる間違ってない以前にヤバいw 喫茶店としてヤバい。
可愛いけどね!
日々乃さん家の喫茶店、見ている限りけっこうデザートには力入れてるみたいだな。というか親父さん、ケーキ自作なのか。それにしても、ケーキばっか食べさせすぎだ。あれは太る。成長期とか関係なく太る!!
詩緒も食べ過ぎだ! あれは村ではケーキなんか食べたことなかったんだな。食べさせてもらえなかったんだな。村の中にケーキ屋とかなかったんだろうな。あそこ、コンビニもなかったんだったっけ? そこまで詳しく描写されてたかはおぼえてないが。
ただ、原作よりも日々乃さんと詩緒の仲が良さそうなんですよね。もう少し詩緒、人見知りしてたような。というか、匡平に近しい日々乃さんをもっと警戒してたような。凄いブラコンの気配醸し出してたもんなあ。
でも、個人的には今みたいに最初から仲良い方が見てて楽しい。お陰で、詩緒の粗忽さに振り回されるのが何故か匡平よりも日々乃さんの方が回数多くなってしまってる気もするけど。大変だな、お姉ちゃんw

一番笑ったのがラスト。勾司朗と桐緒に撃墜されてきた阿幾を拾ったくーこである。いやいやいや、引きずってる引きずってる。モノを引きずるみたいに気絶してる人間引きずるな。明らかにその辺に落ちてたものをかっぱらってる風情である。
「いーもん拾ったッ!!!」
助けてもらったにもかかわらず、何故か阿幾が哀れというか可哀想に思えてきたぞ。

神様ドォルズ 第2巻 [Blu-ray]
神様ドォルズ 第2巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー 2011-10-26
売り上げランキング : 1661


Amazonで詳しく見る
by G-Tools