ちょっ、公式サイトのキャラ紹介みたら、オルトロス姉妹が載ってるじゃないか!! まさか、オルトロス編までやるのか!? しかも中の人が田村ゆかりと堀江由衣って、またあの人に危ない発言を連発させるつもりかw


二話にして、既に佐藤洋がどうしようもない変態であることが暴かれてしまった。あのね、佐藤さん、あんた視線が胸だの太ももだのに行き過ぎ。凝視しすぎ!! この男、暇さえあれば女の子の胸とふとももばかり見てやがる! 第一話の段階ではアニメ【夢喰いメリー】でメリーのおへそばかり映していたみたいに、太ももばっかり偏執的に映す趣向なのかと思ってたんだが、二話にしてようやく、よくよく見るとこれ全部佐藤の視線な事に気づいた次第。お前、しゃべるときは人の顔見て話せよ。いや、顔は見なくてもいいから、胸とか太ももとか見ながらしゃべるなw

いやあ、しかし改めて見ても、ベン・トーって馬鹿話だよなあ。半額弁当を買うだけの話なのに、どうしてこんなに熱いのか。大猪にアラシの登場で、スーパーにおける弁当コーナーの盛り上がりたるや比類なきことに。狼たちがただの飢えた野獣ではなく、誇りを持って戦う空腹の戦士だというのが嫌というほどわかるだろう、素晴らしき闘争である。
ウィザードかっけえなあ、おい。
あははは、ついにウィザードの華麗なる天井蹴りをアニメで見れた。やばいよ、思ってた以上にかっけえ。そして、茶髪、坊主、顎鬚の存在感。この三人はモブではなく思いっきりレギュラーで佐藤の良き戦友でありライバルとして前面に出続けます。茶髪に佐藤が呼ばれる「わんこ」がこれまたいい響きで。
戦闘シーンは第一話では微妙カナ、と思ってたんですがこれは期待以上になってくれるかも。大猪のあの歩行音、完全にMSじゃないかw
大猪から弁当を守ったあとの、ジジ様の無言の感謝とも健闘を称えるともつかない眼差しに、ちょっと感動してしまった。

ちょっと残念だったのが、一番肝心の月桂冠。佐藤洋はじめての奪取弁当である「サバの味噌煮弁当」の食事描写が蛋白だったところ。いや、作画そのものは素晴らしかったんだけれど……てっきり、佐藤があの美味さをちゃんと語ってくれるかと期待していたもので、ちょっと拍子抜けだった。あそこは語らせろよ。一部始終、細部に至るまでくどいくらいに語らせろよ! 原作の言葉そのまま言わせりゃいいじゃない。それだけで、視聴者の八割近くを見たあとに食料摂取に走らせることが叶うだろうに。原作は、あれ本気で読んでたらお腹減るからなあ。マジで美味そうなんですよ。
……と、力説したついでに原作を読み返してみたら。あれ? 第一巻ではあんまり詳細には弁当描写してなかったのか。近刊ではこれでもかというくらいに詳細に語っていただけにそっちの印象が強かったのだけれど、サバの味噌煮弁当はあっさりとしたものだった。なんだ、あれはもっと後になってからだったのか。
逆に考えれば、これからどんどん弁当の描写は美味そうになっていくということだな。そしてどん兵衛も。原作のどん兵衛の美味そうな描写は異常。あれをそのまま再現してアニメでやったら、確実に売上あがるね!

さて、二話で月桂冠ゲットとなると、次はもうダンドーと猟犬群の話になるのか。一巻は猟犬群までだが果たしてこれを一話でやるのか二話でやるのか。何れにしても、著莪あやめの登場はもうしばらく先か。

TVアニメ「ベン・トー」エンディングテーマ 笑顔の法則
TVアニメ「ベン・トー」エンディングテーマ 笑顔の法則伊瀬茉莉也(槍水仙)

ポニーキャニオン 2011-11-02
売り上げランキング : 857


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 2 ザンギ弁当295円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 4 花火ちらし寿司305円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 5 北海道産炭火焼き秋鮭弁当285円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー  5.5 箸休め~燃えよ狼~ (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 7 真・和風ロールキャベツ弁当280円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫) ベン・トー 7.5 箸休め 〜Wolves, be ambitious!〜 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)