ホライゾンの表紙は、ここは満を持してというべきか。伊達・政宗その人である。まだこの娘、隻眼じゃないんですよね。歴史再現としてはどうなるんだろう。
断章のグリムは、クライマックスだけあって、雪乃さんの表情がこれまでと決定的に違っている。心細げで不安そうなのだ、あの雪乃さんが。これは何気に衝撃的。
ゲーム戦争、わざわざあらすじに「金髪ロリ巨乳」なんて銘打っているだけあって、マジで巨乳だな、このロリw
サイハテの聖衣。これは表紙絵見ると、三雲さんの作品の中でもノリの軽いコメディパートだと理解できます。まあ、この人の場合、コメディと見せかけつつあっさりシリアス一直線に大滑落したりするので油断できないのですが。
他でインパクト在る表紙というと、やっぱり「探偵失格」かな。こういう尖った佇まいのヒロインはたとえ白抜きでも眼を引くものがある。でも、白抜きはやっぱり嫌だなあ。


 【GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン 4〈下〉】 川上稔(電撃文庫) Amazon
 【断章のグリム 16.白雪姫・上】 甲田学人(電撃文庫) Amazon
 【僕と彼女のゲーム戦争 2】 師走トオル(電撃文庫) Amazon
 【サイハテの聖衣】 三雲岳斗(電撃文庫) Amazon
 【C3 ―シーキューブ― 13】 水瀬葉月(電撃文庫) Amazon
 【アンチリテラルの数秘術師 4】 兎月山羊(電撃文庫) Amazon
 【彼女はつっこまれるのが好き!5】 サイトーマサト(電撃文庫) Amazon
 【ふらぐ・ぶれいかぁ 2.〜フラグはすでに、折れていた〜】 黒宮竜之介(電撃文庫) Amazon
 【探偵失格 愛ト謂ウ病悪ノ罹患、故ニ我々ハ人ヲ殺ス】 中維(電撃文庫) Amazon
 【さくら荘のペットな彼女 6】 鴨志田一(電撃文庫) Amazon
 【アクセル・ワールド10 ―Elements―】 川原礫(電撃文庫) Amazon
 【バッカーノ!1711 Whitesmile】 成田良悟(電撃文庫) Amazon
 【新約 とある魔術の禁書目録 3】 鎌池和馬(電撃文庫) Amazon