デート・ア・ライブ4 五河シスター (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 4.五河シスター】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

最悪の精霊、狂三を救ってみせると、そして真那も救ってみせると、言いながら結局、士道は何もできなかった。もし、あのとき五河琴里が現れなければ全ては終わっていた。「今から五年前。―私は精霊になった。士道の回復能力はもともと私の力よ」琴里の口から告げられる真実。彼女が精霊になり。士道が初めて精霊を封印し。折紙の両親が精霊に殺された五年前の事件。「今日で私は私でなくなる。その前に、おにーちゃんとのデートを」タイムリミットはたった一日。可愛い妹で、苛烈で強気な司令官を救うため、デートして、デレさせろ!?―。
これ、もうメインヒロイン、琴里でいいんじゃないのか、というくらいの妹ちゃんの存在感。素っ気無くて扱いがぞんざいだったり、クールで兄への感情をあまり表に出さないようにしているものの、琴里が士道を大好きだというのはその言動の端々から伺えるものだから、ギャップ萌えとでもいうんだろうか、琴里が可愛くて仕方がない。あくまで態度に見せないようにしているだけで、好意そのものはあんまり隠していないのが普通のツンデレと違って愛いんですよ。あからさまにしてしまうのは恥、という感覚が大人びてしまったこの妹の考え方にこびり着いているのかもしれませんが。
にしても、琴里の正体については想像しているのとは違ったので、驚かされた。実のところ、琴里は五年前に現れた精霊で、士道にデレさせられて力が安定したのと士道が記憶喪失になってしまったのを利用して、妹のポディションに収まった、のだと思ってたんですよね。士道の本当の妹は、その五年前の事件で行き別れてしまった真那の方だったと。でも、今回の話しによれば、琴里はちゃんと五年前の事件以前から士道の妹で、あの事件をきっかけに「精霊になってしまった」、ということで……あれ? じゃあ真那が実の妹だという話はどうなるんだ!?
それに、これで「精霊」が精霊として誕生するものではなく、元は人間であり何者かによって「精霊」にさせられた、という事実が出てきた事は大きい。十香や四糸乃、そして狂三もまた元は人間の少女であった、という可能性が生まれたのですから。
だとすると、誰が少女を精霊にしている黒幕なのか、というのが新たな謎になってくるのですが。琴里を精霊にした謎の影。これが今まで登場していない新キャラなのか、それとも誰かが正体を隠して暗躍しているのか。士道になぜ精霊を安定させる力が秘められているのか、という謎も相まって物語もそろそろ芯の部分に入ってきたか。

それにしても、ラタトスクのデートナビ能力の無能さはいっそ絶賛に値するw いや、あの司令官代理は論外にしても、だ。これまでも、結局デートを成功させたのってラタトスクの指導を無視して士道が独自に判断して動いたケースばっかりなんですよね。これって、ごちゃごちゃ横から横槍入れなくても、士道に任せておいた方がいいって事なんじゃ……。
相手が「妹」だからと言っても、今回の士道の愛の言葉は今までで一番熱がこもっていたんじゃないだろうか。あそこまで情熱的に思いの丈をぶつけられたら、そりゃ妹だってデレるわー……と言っても、琴里さんは最初からクライマックスだったようですけれど。好感度の話がラストで漏れたときは、笑ったけれどそれ以上に微笑ましかった。あんた、そんな精神状態でデートに挑んでたんだ。それでなくても、これまでの兄への苛烈で容赦のない態度も本心がアレだと知れてしまった今となると、どんなにキツい態度をトラれてももうニヤニヤするしかないじゃないですか、おのれ〜(笑 前巻で触れた琴里の行動原理は「献身」である、というのはどうやら間違ってはいなかった模様。琴里司令官、お兄ちゃん好きすぎ!!
どうやら作者的には一番書きやすいのは折紙みたいですけれど、正直あれをヒロイン扱いで見るのは腰が引けるなあ(苦笑

1巻 2巻 3巻感想