なんとか弁天丸を動かすことに成功したヨット部メンバー。
超光速跳躍もマスターし、明日からは海賊業務の練習を始めることになる。
夜になってみんなを寝かせるために、あわてて部屋割りを決める事にはなったが、まずは無事に1日目は終わった。
翌日、茉莉香は海賊業務の説明をヨット部メンバーに説明するところから始める。
海賊行為の最中に求められる技術の高さに、弱気になるメンバー。
「私のワガママでみんなを巻き込んじゃったことはよくわかっているけれど……失敗はさせないから。
だから、信じてついてきてほしい」。
そうして白凰海賊団の初仕事の日がやってきた。果たして素人ばかりの海賊業務は成功するのか。
エンジン担当の子がコメントで四代目と呼ばれてたのには笑ってしまった。三代目はお役御免ですか。ただ、三代目のこれまでの発言からも、弁天丸の転換炉は相当のやんちゃ坊主であることは理解できるので、それに対して学生の身分で一定のアプローチを図り、独自に扱いを見出すあたりは相当の出来物である、あの娘さん。
それ以上に度肝を抜かれたのが、海賊船が貨客船に取り付く際の航行アプローチの難易度の高さである。あれ、さらっと概略を説明されただけでも、相当に難しい操舵が要求される事が否応なく伝わってくるエンゲージだぞ。
決して慣れてるとは言いがたい船の、しかもかなり旧式で改造進んでピーキーなはずの弁天丸の舵を操って、一発で決めてみせたアイちゃんって、もはや技術が学生レベルじゃないんじゃあw
最初にアイちゃんが弱気になったのも、当たり前だぞ、あれは。
そんな学生にも関わらず一流の仕事を熟すことを要求された部員たちの弱気を、一発で吹き飛ばす茉莉香の叱咤激励には、思わずこちらもピンと背が伸びてしまった。ここぞという時に、船員の不安や怯え、迷いを短時間に一発で解消してみせる茉莉香の船長としての手腕には、これまでもそうだったけれど、ほとほと感心させられる。いや、マジで頼もしいわ。
とはいえ、締めるべき所以外はわりと緩めの茉莉香を脇できっちりサポートして、細々と注意してまわるチアキは、まじ女房役(笑
さすがは嫁、というべきか。もはやおかんというべきか。将来的にはちあきを招いて、副長として働いてもらった方がいいんじゃないだろうか、というくらいのお似合いっぷり。
しかし、あのコスプレ海賊団は、いかんだろう(苦笑
駄目だ、全然怖くねえw いや、弁天丸の海賊業務はアトラクションであって、別に怖くなくてもいいんだろうけれど、海賊が襲ってきたぞ、という迫力が全然なさすぎるw 女子高のお遊戯団にしか見えんw あれで、評判良かったんかいなw
部長の男役が締めてくれなかったら、けっこうグダグダだったんじゃねw

と、ここで終わってたらやれやれ、で済むんだけれど、ラストで航海に出てから妙に挙動のおかしかった部長が、チアキからスパイ疑惑を掛けられてグリュー姉妹とともに尋問されたところで、逆に部長から依頼が。
その内容は、前部長の誘拐ですって!? EDへの導入と相俟って、また盛り上がってきた!?

モーレツ宇宙海賊 3(初回限定版) [Blu-ray]
モーレツ宇宙海賊 3(初回限定版) [Blu-ray]佐藤竜雄

キングレコード 2012-05-09
売り上げランキング : 42


Amazonで詳しく見る
by G-Tools