ちょっ、今度はレベッカや師匠のナナミも一緒に召喚されるんか!
もう異世界召喚というよりも、普通に夏休みの旅行ですよね。前回と違って、行き帰りは保証されてるんですし。
第二期って、あの終わり方からどう続けるのかな、と首を傾げてたんですが、ここまで真っ向から、「あそびにいくヨ!」で来るとは思わなかったなあ。しかも、シンクだけじゃなく、前から話題に登ってたナナミと、置いてけぼり代表のレベッカまで連れてくるとは、その発想はなかった。
しかし、面白い。
むしろ、変にシリアスな展開が根底にこびりついてた第一期よりも、根っから杞憂なく、みんなでどんちゃん騒いで祭だー、とやってる方がこっちも気楽に見れる分、楽しいですわ。
第一期は、どうもこのぬるくも呑気な世界観と、起こりつつ在る恐ろしい展開、が噛みあっていない気がして後半に行くほど乗りきれなくなってきたんだけれど、こうして「ゲーム」に徹してくれると、血の流れない緩い戦いも純粋に楽しめるってもんですよ。名乗り口上とか、ド派手でまさに興行!な演出も見てて普通に燃えましたし。
いやあ、シンクとナナミの登場シーン、普通に格好良いと思ってしまったw

にしてもまあ、シンクは相変わらず姫様を思いっきり犬扱いだよなあ(笑
レベッカを同伴したことで、微妙に修羅場な空気が流れるかと思ったら、フロニャルド側はレベッカも完全に歓迎モードだし、レベッカ側からはどうかなー、と思ったら当人それどころじゃなかったみたいだしw
見てるこっちも、シンクの姫様犬扱いで、「あー」と微苦笑気味に流さざるを得なかったし(笑

大はしゃぎのビスコッティ・レディースでしたけれど、注目はやはりエクレールでしょう。エクレ、そっけない態度としっぽの動きが乖離しすぎ! しっぽ、ふりふりしすぎ! このワンコ、まったく内心隠せてねえ(笑
そんなわちきは、エクレ一刀流でありますよw
よし、さあ剥かれろ、エクレール!!w

ってか、あの戦争ごっこ、あれだけ大々的に全国放送で女性陣のポロリ前提って、考えてみたら凄いよなあ。

DOG DAYS Memory of Flonyard
DOG DAYS Memory of FlonyardDD製作委員会

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-01-25
売り上げランキング : 18573


Amazonで詳しく見る
by G-Tools