月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫、幻狼ファンタジアノベルスなどは来月送り。

7月出版の未読本は以下のとおり。


【クロス・エデン 1.魔法王国ミシュリーヌ編(前)】 吉野匠 (このライトノベルがすごい! 文庫)
【デ・コスタ家の優雅な獣】 喜多みどり(角川ビーンズ文庫)
【ガン・ブラッド・デイズ】 芝村裕吏(電撃文庫)
【空ろの箱と零のマリア 5】 御影瑛路 (電撃文庫)
【俺はまだ恋に落ちていない 3】 高木幸一 (GA文庫)
【下ネタという概念が存在しない退屈な世界】  赤城大空(ガガガ文庫)
【101番目の百物語 7】 サイトウケンジ (MF文庫 J)


読んだ本の数:46冊 うち漫画:6冊

7月は殆ど漫画の単行本読んでなかったんだなあ。普段買ってるめぼしいシリーズの最新刊がなかったというのもあるんだろうけど。それでも、戦国妖狐を始めとして読んだ内容については大満足。
小説の方は、新人作品や新シリーズに注目作が相次ぎ、終わってみればなかなかのラインナップでございました。支倉凍砂さんの新作【マグダラで眠れ】は、期待通り。事前にろくにチェックもしていなかったにも関わらず、度肝を抜かれたのが新人作品の【スクリューマン&フェアリーロリポップス】でした。これはもう一押し。
【問題児たち】は勢い衰えぬまま、ドンドン位階を駆け登ってますね。正直、どこまで面白くなるのか天井が見えないんですよ。
アニメ化決定したハマチに、【疾走れ、撃て】もまた充実の一途をたどっています。中身の歯ごたえが凄いです。

そして、スーパーダッシュ文庫の大賞作として登場し、私を狂喜乱舞させてくれたエンタメ作品【覇道鋼鉄テッカイオー】。長らく待たされようやく出た2巻もまた、まったく期待に違わぬ面白さ、楽しさで大満足でした。



★★★★★(五ツ星)  1冊

【覇道鋼鉄テッカイオー 2】 八針来夏/Bou スーパーダッシュ文庫


感想はこちら
……スーパーロボット大戦出演を目指そう!
と、ほざきたくなるほど生かしたスペースパンク、宇宙を股にかけた武侠モノ。やばいよやばいよ、面白すぎて楽しすぎる。笑いあり涙ありそしてなにより胸の焔が燃えたぎる、炎熱の燃え展開!
胸がすくような痛快にして爽快なるとびっきりのエンターテインメント。さあ、バッチコイ!!


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 5冊

【問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者】 竜ノ湖太郎/天之有 角川スニーカー文庫


感想はこちら
これ、完全に加速入ってるよなあ。物凄い勢いで成層圏を突破しつつある、という感じ。今一番勢いのある作品、といっても過言ではないかも。
もう、無茶苦茶に面白い!!


【マグダラで眠れ】 支倉凍砂/鍋島テツヒロ 電撃文庫


感想はこちら
狡猾にして隙だらけだった前作のホロとは全く違って、本作のメインヒロインは純朴にして隙だらけ! もう食べてください、と言わんばかりのチョロさなのですけれど、食べたら確実に死が待っているという毒入りなのでありました。


【スクリューマン&フェアリーロリポップス】 物草純平/皆村春樹 電撃文庫


感想はこちら
7月期のスーパーダークホース。予想だにせぬ期待の新人。なんか売り出しとしての出だしには失敗してる感じなんだが、作品それ自体は売れる要素たっぷりでキャラも魅力的、何よりそりゃあもう面白かった。
これはもっと上のほうで掲げ持たないともったいないよ!!


【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 5】 渡航/ぽんかん(8) ガガガ文庫


感想はこちら
嵐の前の静けさ、或いは沈黙の時間。と、大きく動き出す前の静寂とも言うべき回だったので、敢えて星は4半にしましたけれど、話の整え方は何度呼んでも絶品の一言。全体、先の展開に至るまで隅々まで行き届いて、形を形成している、という感のある機能美を感じさせる作品はなかなかないですよ。


【疾走れ、撃て!7】 神野オキナ/refeia MF文庫J


感想はこちら
なんか今これ、凄いです。神野さんってここまで書けるような作家だったっけ、と思ってしまうくらい、キレキレに切れまくってる。伊達に延期くりかえして練りまくったわけじゃないわ。ライトノベルのミリタリーものとしては未曾有の領域に足を突っ込みつつあるんじゃないだろうか。



★★★★(四ツ星) 6冊

【ココロコネクト ステップタイム】 庵田定夏/白身魚 ファミ通文庫


感想はこちら


【ひきこもりの彼女は神なのです。6】 すえばしけん/みえはる HJ文庫


感想はこちら


【ムシウタ 12.夢醒める迷宮(上)】 岩井恭平/るろお 角川スニーカー文庫


感想はこちら


【ブラック・ブレット 神を目指した者たち】 神崎紫電/鵜飼沙樹 電撃文庫


感想はこちら


【ビブリア古書堂の事件手帖 3.栞子さんと消えない絆】 三上延 メディアワークス文庫


感想はこちら


【0能者ミナト 4】 葉山透/kyo メディアワークス文庫


感想はこちら


以下に、読書メーター読録と一言感想。


7月の読書メーター
読んだ本の数:46冊
読んだページ数:12767ページ
ナイス数:46ナイス

俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。 (ガガガ文庫)
読了日:07月01日 著者:水沢 夢
変態先輩と俺と彼女3 (富士見ファンタジア文庫)変態先輩と俺と彼女3 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:07月01日 著者:山田 有
僕は友達が少ない 8 (文庫J)僕は友達が少ない 8 (文庫J)
読了日:07月01日 著者:平坂読
はたらく魔王さま! 1 (電撃コミックス)はたらく魔王さま! 1 (電撃コミックス)
読了日:07月02日 著者:和ヶ原 聡司
ココロコネクト ステップタイム (ファミ通文庫)ココロコネクト ステップタイム (ファミ通文庫)
読了日:07月02日 著者:庵田定夏
魔王なオレと不死姫の指輪 (HJ文庫)魔王なオレと不死姫の指輪 (HJ文庫)
読了日:07月02日 著者:柑橘 ゆすら
ひきこもりの彼女は神なのです。 6 (HJ文庫)ひきこもりの彼女は神なのです。 6 (HJ文庫)
読了日:07月02日 著者:すえばし けん
修羅場な俺と乙女禁猟区3 (ファミ通文庫)修羅場な俺と乙女禁猟区3 (ファミ通文庫)
読了日:07月02日 著者:田代裕彦
ムシウタ  12.夢醒める迷宮(上) (角川スニーカー文庫)ムシウタ 12.夢醒める迷宮(上) (角川スニーカー文庫)
読了日:07月03日 著者:岩井 恭平
デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)デキる神になりますん2 (ファミ通文庫)
おおはつね様が泣くシーンに思わず此方も感極まってしまった。
読了日:07月05日 著者:森田季節
問題児たちが異世界から来るそうですよ?  降臨、蒼海の覇者 (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者 (角川スニーカー文庫)
キャラもストーリーも好みであることは間違いないんだけれど、それよりも何よりも世界観。このとんでもないスケールの世界観に完全に魅せられてる自分がいる。
読了日:07月06日 著者:竜ノ湖 太郎
創世の大工衆(デミウルゴス) (このライトノベルがすごい! 文庫)創世の大工衆(デミウルゴス) (このライトノベルがすごい! 文庫)
会話が杓子定規でものさしで測ったようで、いまいちしっくり来なかった。それと、創世の大工衆って完全平和を謳っているけれど、それによって起こっている事を見ると、完全性を実現することによって発展を停滞させ、緩やかな滅亡を促進しているように見えるんだが。
読了日:07月08日 著者:藍上 ゆう
ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)
読了日:07月08日 著者:神崎 紫電
C3‐シーキューブ〈14〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈14〉 (電撃文庫)
読了日:07月11日 著者:水瀬 葉月
戦国妖狐 9 (BLADE COMICS)戦国妖狐 9 (BLADE COMICS)
読了日:07月11日 著者:水上 悟志
マグダラで眠れ (電撃文庫)マグダラで眠れ (電撃文庫)
隙も多いが基本的に狡猾な食わせ者だったホロとは真逆の、狼に食べられる子羊のようなヒロインだったのだけれど……やばいなこれ、確かにからかいたくなるし守ってあげたくなる可愛さだ。
読了日:07月12日 著者:支倉 凍砂
秘密結社とルールと恋 (電撃文庫)秘密結社とルールと恋 (電撃文庫)
読了日:07月12日 著者:寺田 海月
スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫JA)
読了日:07月14日 著者:籘真 千歳
会長はメイド様! 15 (花とゆめCOMICS)会長はメイド様! 15 (花とゆめCOMICS)
読了日:07月14日 著者:藤原ヒロ
選ばれすぎしもの! (電撃文庫)選ばれすぎしもの! (電撃文庫)
読了日:07月15日 著者:峰守 ひろかず
織田信奈の野望 9 (GA文庫)織田信奈の野望 9 (GA文庫)
読了日:07月18日 著者:春日 みかげ
私とあなたの青春革命。 (電撃文庫)私とあなたの青春革命。 (電撃文庫)
読了日:07月18日 著者:広沢 サカキ
スクリューマン&フェアリーロリポップス (電撃文庫)スクリューマン&フェアリーロリポップス (電撃文庫)
何も知らない純真無垢そのもののような表紙絵、これは嘘だ! いや、嘘じゃなく、見た目通りの垢抜けた天真爛漫な女の子なのではありますが、この子の本質は悪を名乗ってゾッとするような魔の魅力をたたえた笑みを浮かべた本文中の挿絵のそれだったのでしょう。思わず表紙と見比べて、ゾワゾワっとしてしまった。いや、これは面白かった。
読了日:07月18日 著者:物草 純平
うちの居候が世界を掌握している!  2 (GA文庫)うちの居候が世界を掌握している! 2 (GA文庫)
読了日:07月20日 著者:七条 剛
ふたりの距離の概算 (角川文庫)ふたりの距離の概算 (角川文庫)
読了日:07月20日 著者:米澤 穂信
はじめてのあく 16 (少年サンデーコミックス)はじめてのあく 16 (少年サンデーコミックス)
読了日:07月20日 著者:藤木 俊
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。3 (富士見ファンタジア文庫)勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。3 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:07月22日 著者:左京 潤
グロリアスハーツ2 (富士見ファンタジア文庫)グロリアスハーツ2 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:07月22日 著者:淡路 帆希
狩りりんぐ!  (ガガガ文庫)狩りりんぐ! (ガガガ文庫)
読了日:07月22日 著者:森月 朝文
冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)
読了日:07月22日 著者:丸戸 史明
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。5 (ガガガ文庫)
読んでいる間はまったく意識していなかったのに、終わりに至ってみると雪乃が全く登場しなかったことで逆に雪乃の存在が浮き彫りになっていたことに気付かされ、正直ハッとさせられた。この構成は全く絶妙と言っていい。そして、改めて本作の最大の萌えキャラは平塚先生だと認識した。
読了日:07月22日 著者:渡 航
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる5 「別冊パチレモン付き」限定版 (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる5 「別冊パチレモン付き」限定版 (GA文庫)
読了日:07月25日 著者:裕時 悠示
聖剣の刀鍛冶13 (MF文庫J)聖剣の刀鍛冶13 (MF文庫J)
魔が聖に転じて何が変わったかといえば、メンタルが弱くなりました……っておいw
読了日:07月25日 著者:三浦勇雄
となりの関くん 3 (フラッパー)となりの関くん 3 (フラッパー)
読了日:07月25日 著者:森繁拓真
落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国 (MF文庫J)落ちてきた龍王〈ナーガ〉と滅びゆく魔女の国 (MF文庫J)
読了日:07月26日 著者:舞阪洸
小悪魔ティーリと救世主!? (MF文庫J)小悪魔ティーリと救世主!? (MF文庫J)
どこを見ても特徴らしい特徴のない、実にフラットな作品だった。主人公がどうしても不愉快だったのが特徴といえば特徴か。
読了日:07月27日 著者:衣笠彰梧
疾走れ、撃て! 7 (MF文庫 J か 3-25)疾走れ、撃て! 7 (MF文庫 J か 3-25)
笑顔とは、周囲に安心や心の余裕を取り戻させる有効な武器である。特に、それが普段は笑みの一つも浮かべないような人が見せる衒いのない笑顔ならば尚更に効果は抜群だ。それまさに、伝家の宝刀である。 が、逆に考えればそれは伝家の宝刀を抜かざるをえないほどの状況とは言えないだろうか。この巻で、果たして一体何人の、見るはずのない笑顔を見た?
読了日:07月27日 著者:神野オキナ
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
血は争えない、という言葉が当てはまるのがどうして一人だけと思った?
読了日:07月27日 著者:三上 延
イエスタデイをうたって 8 (ヤングジャンプコミックス)イエスタデイをうたって 8 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:07月27日 著者:冬目 景
0能者ミナト〈4〉 (メディアワークス文庫)0能者ミナト〈4〉 (メディアワークス文庫)
読了日:07月27日 著者:葉山 透
覇道鋼鉄テッカイオー 2 (覇道鋼鉄テッカイオーシリーズ)覇道鋼鉄テッカイオー 2 (覇道鋼鉄テッカイオーシリーズ)
読了日:07月29日 著者:八針 来夏
ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)
読了日:07月29日 著者:波乃 歌
だから僕は、Hができない。8  死神と美菜 (富士見ファンタジア文庫)だから僕は、Hができない。8 死神と美菜 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:07月29日 著者:橘 ぱん
サムライブラッド~天守無双~ (HJ文庫)サムライブラッド~天守無双~ (HJ文庫)
家を守るという発想に基づいた封建時代らしい女性の結婚観がそのまま反映されている上に、それが当時の当たり前であり何ら否定する要素ではない、と構えているライトノベル作品というのはなかなか珍しい。
読了日:07月31日 著者:松時ノ介
シンマと世界と嫁フラグ 2 これがホントの修羅場です (HJ文庫)シンマと世界と嫁フラグ 2 これがホントの修羅場です (HJ文庫)
読了日:07月31日 著者:空埜 一樹
人形たちの夢〈前篇〉 (電撃文庫)人形たちの夢〈前篇〉 (電撃文庫)
シリーズ三作ともイラストレイターが違うというのは珍しいよね。不思議と作品の雰囲気も三作とも少しずつ変わっているようにも思える。
読了日:07月31日 著者:水鏡 希人

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター



今月のピックアップ・キャラクター。

・フェネシス(マグダラで眠れ)
・ロロット・ニエンテ・アートレア(スクリューマン&フェアリーロリポップス)
・比企谷八幡(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
・ミャウ=ガー(覇道鋼鉄テッカイオー)
・アルフェミナ(覇道鋼鉄テッカイオー)