昼休み、唯に対し自分の思いを改めて真正面から伝えた青木。2人の様子を太一、伊織、姫子は陰から見守っていた。
そして放課後、文研部の部室にやってきた太一は、伊織と入れ替わったという姫子から「太一は伊織のことをどう思ってるんだ」と聞かれる。
突然の問いで言葉に詰まりながらも、本心を正直に答える太一。彼にとって何気ない返事だったのだが、やがてそれがきっかけで思いがけない大事態へ発展してしまう!
これは……凄いわ。
何が凄いって声優さんの演技。この作品は人格入れ替わりという現象のせいで、元の演じているキャラクターに加えて、他の四人のキャラが入れ替わった時の演技もしなければいけない。
その入れ替わった時の演技が、みんな抜群にうまくて当初から度肝を抜かれたものでしたけれど、今回に至っては度肝どころじゃなく仰天させられましたよ。

中身が稲葉に入れ替わった伊織、と見せかけて、中身が稲葉に入れ替わった演技をしている伊織の演技、というものをやってのけたのである。永瀬伊織役の豊崎愛生さんは。
これ、ちゃんと聞いてたらちゃんと違和感感じるんですよ。きっちり、本当に稲葉になっている演技と、稲葉になった演技をしている伊織の演技を演じ分けている。
いやあ、もう絶句したわ。
そこに限らず、最後の伊織が中身の稲葉と太一のシーンといい、素晴らしいのなんの。
原作だと太一って第一巻ではそこまでカッコイイとは思わなかったんだけれど、アニメで見るとホントいいオトコだよなあ。青木も青木で、此処ぞという時に誰も言いたくないことを率先して言ったり、あのシーン、自分がまず伊織と入れ替わるのって、何気に勇気いることなんですよね。もし伊織が望まなければ、自分は意識が戻らないまま終わってしまう可能性だってあったのに、言い出しっぺだからこそ自分から飛び込んでいく勇気。

第一巻のヒトランダム、これで片がついたんですが、正直想像以上の期待以上でした。まだホップ・ステップ・ジャンプのホップの段階であるヒトランダムでここまでやってくれてしまったら、これ以降の展開ちょっとすごくなるんじゃね?
やばいですよこれ、まじ凄いわー。


ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray]
ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray]
キングレコード 2012-09-26
売り上げランキング : 201


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ココロコネクト ヒトランダム 下 (初回限定版) [Blu-ray]
ココロコネクト ヒトランダム 下 (初回限定版) [Blu-ray]
キングレコード 2012-10-24
売り上げランキング : 396


Amazonで詳しく見る
by G-Tools