境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 3 (初回限定版) [Blu-ray]
境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 3 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル 2012-11-22
売り上げランキング : 64


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ベラスケス=三征西班牙が武蔵の貿易同盟に賛成しない理由。アニメでは説明していませんが、まあちゃんと経済的な理由がありまして。
ただでさえ国内産業主体の経済から、新大陸貿易主体の経済に切り替えて国内産業が空洞化して外資が貯まらず借金増える一方のボロボロ状態。そこに武蔵が起点になっての貿易同盟が誕生すれば、極東の経済は活性化し供給が増え、各国は生産力アップ。三征西班牙の新大陸貿易は、競合が増えて扱ってる商品価値は下落し、青息吐息で何とか息をつないでいた三征西班牙経済はトドメを刺される、と。大まかに言えばこんな形かな?

そして、なんで英国と戦争しないの? と言う理由。

第一期で同じように歴史再現を解釈して処刑されようとしていたホライゾンを、武蔵は大義名分を掲げて救出したにも関わらず、同じシチュエーションでメアリが処刑されようとしているのに、武蔵がそれを見逃すというのは卑怯なんじゃありませんか? と言うのですな。
勿論、言いがかりです。
ホライゾンの場合は極東の主権に関わる問題。対してメアリの処刑は英国の国内問題であって、外国である極東が外から口出しスべき問題じゃないですし、すれば内政干渉で何様だ、ということになる。
ただ、傍から見ると武蔵は都合の良いように解釈を振り回しているようにしか見えないぞ、とベラさん高らかに言い募って、印象を植え付けようとしているのですな。イメージ、大切です。

flv_000071488

そして満を持して新キャラ登場ですよーー!!
P.A.ODA内P.A.O.M所属、生徒会会計、そして五大頂の四番。傭兵王ヴァレンシュタインの二重襲名を頂く前田・利家だよ

P.A.ODAとは、織田家とオスマン帝国に対応する国。P.A.O.Mとは、M.H.R.R.及び羽柴との連携を行う部署のことです。現在、P.A.ODAとM.H.R.R.―神聖ローマ帝国は密接な連携を取っていて、M.H.R.R.側には織田家の関係者が多数教導院内に入り込んでいる状態です。前田・利家もP.A.O.Mを通して両方の会計を担っているのですな。そしてP.A.ODAの主力を担っているのが五大頂。そのうち四番は前田・利家と佐々・成政が二人で担当しています。
傭兵王ヴァレンシュタインとは、ドイツ三十年戦争で超有名な傭兵隊長アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン。スウェーデン王「北方の獅子」グスタフ2世アドルフと激烈な戦いを繰り広げた歴史上でも有数の名将の一人です。
足が透けていたのを見ればお分かりのように、彼自身種族は「幽霊」。肩に浮かんでいる走狗みたいな女性も幽霊です。まっちゃんと呼ばれる彼女の名前は「お松」。大河ドラマにもなった、あの前田・利家の奥さんであり、実際二人の関係も夫婦です。どうやって夫婦生活営んでいるかは謎ですがw

P.A.ODAはオスマン帝国というだけあって、イスラム……ムラサイ教譜を信仰しており、聖譜Tsirhc系に属する大罪武装は教譜が異なるとして預けられていなかったんですね。ちなみに大罪武装はそれぞれ上越露西亜、M.H.R.R.、英国、K.P.A.Italiaに各1つずつ。そして三征西班牙と六護式仏蘭西に各2つずつ。ホライゾンの"焦がれの全域"を除く8つが各国に配られていたのですな。ちなみに、P.A.ODAと同じく清・武田や印度諸国連合、奥州シビルといった非聖譜系教譜に連なる国々にも大罪武装は預けられていません。

そんな大罪武装の代わりに、織田信長が五大頂専用武器として神格武装を送り、前田・利家が受け取ったのは「癒使(イスラフイル)」。地の底の力、治癒の力を逆利用した、霊魂の保持と展開の能力を持つこれを、「お松」が改造手術を受けることで術式化して着装、「加賀百万G」と呼ばれる金で生み出す亡霊軍団の使役を補助している。

前田・利家は本来この「加賀百万G」で英国から雇われ、アルマダ海戦の前線に立ち、英国の消耗を肩代わりする予定だったのですが……

flv_000193693

それはともかく「まっちゃん」が可愛いよ、可愛いよ!! しまった、まさかこの「お松」が動くとここまで可愛いとは。しかも、毒舌系ですよ? ってか発言に「ピーー」音入りましたよ!? ピーじゃなくて正確にはドキュンというSEでしたが。さすがに「キ印」発言には規制入ったか。
ん?何に対してかって? これです↓
flv_000323865
flv_000330079


こ・れ・は・酷・い!!

まだ全裸のほうがマシだこれww 正純の上着だけ着てきやがった。下着ろよ、下!! しかも、さりげに浅間のも試着してます。
flv_000347805

はい、ズドンされましたーー!
しかしこれ、国際会議の場に武器を持ち込んでいた事になるんですね、さすがは射撃巫女w

flv_000361986

なんとか無理やりフォローする正純。大変ですねえ、がんばりますねえ、そんな役ばっかりですねえ。
そして、そういう努力を台無しにするのが大得意なのが武蔵の面々。ホライゾン含む。

flv_000378878

何故そのタイミングで、しかもわざわざ「大罪武装」を落とすw

flv_000380630

未だかつて無い本多・正純の顔である(笑 鼻出てる、鼻ww

flv_000395561
flv_000412620

「こ、これ、ええと、――抱き枕! そう抱き枕なんですよ! こうして抱いて、ってブレードありますよ、危なっ!!」
「「…………」」
……痛あ――! 沈黙マジ痛あ――!!
正純のムチャぶりからのアサマチの独壇場は、何度繰り返しみても笑ってしまう。あさまち、マジ名演です。浅間が悲惨すぎるwww


さて、ここでベラさんが改めて、なんで英国に喧嘩売らんのよ、という話を蒸し返すのだけれど、疑問に対してホライゾンが疑問で返すんですね。彼女が言ってる内容は至極冷徹で、合理的ではあっても感情的には認めがたい言い様です。しかし、ここで重要なのはホライゾンがそれを疑問に思い、知りたいと思ったこと自体。何故相手の望む事を止める、その善悪を分けた基準とは何かを知りたいと思ったのか。
それは、彼女の中に感情を知りたいという思いがあったから。今、ホライゾンは感情に興味を抱いているのです。あのトーリとのデートで無意味と断じたことを、無関心であったことを、そのまま捨て去るのではなく、何故なんだろうと興味を抱いている。感情を理解しようとしている。
それは、武蔵の面々にとってとても嬉しいことなのですよ。ならば、彼女が死を止める意味を理解し、それを為そうと思うのなら、みんな戦うに吝かでなし。


「外様はどちらだよ、武蔵。――君達は、僕達の歴史の外様だろうに」
この前田・利家のセリフ、結構万感こもってるんですよね。思えば、織田家の悲壮を、天下を統一しながらやがて殆どのものが滅び死に絶えていく運命が待っている織田家の主要人物たちの悲愴感を最初に垣間見たのは、この台詞を以て最初とするべきなのかもしれない。
そして、楽天にして生きる自由を得ようとする武蔵と、悲愴にして死に生きようとする織田の対比の始まりもまた、ここなんだろう。

flv_000618492
flv_000621954
そして怒ってるまっちゃんかわいいよ!!

正純は、前田・利家―傭兵王ヴァレンシュタインの傭兵軍団の雇用をキャンセルする代わりに、武蔵を傭兵に、英国艦隊としてアルマダ海戦に投入することで戦力の肩代わりをすることを提案。(正純訳:戦争するぜ!)

これで、アルマダ海戦は英国VS三征西班牙ではなく、「武蔵」VS「超祝福艦隊」という事になったのである。


前田・利家に「花園(アヴァロン)」の事も知らないの? チョー遅れてるー。と嘲笑われたので、というわけでもないのかあるのか、ともかく前にメアリからも助言をもらっていたので、エリザベスの案内で「花園」に連れて行ってもらう正純。
そこで見て聞いて知ったのは、英国を始めとして各国もまた「末世」と呼ばれる状況を研究し、その正体と対処の為の方法を探っているということ。大罪武装を集めて末世に対処するよ、と名分に掲げている武蔵だけれど、所詮まだ末世については各国の上層部ほどには何も知らない無知の子らであり、ようやく今、同じ土俵に立とうとしているところなのだ、という事ですな。まあそれでも、エリザベスに説明してもらったことで、同じ舞台には立てた、ということでもあるんだろうけれど。

flv_000849598

ようじょが幼女だった頃。
「情けない話だな。妖精女王として、歴史再現を遵守せざるをえない私を護ろうとする姉に対し、私は――」
「この地脈に還すことでしか姉を護れないとは」
このあたりのチェンジリングの話は曖昧に濁されているので、原作でもちょっとわかりにくい言い回しに徹しているのだけれど……。
意識が共有化され境界も曖昧で自分がどちらかもわからない。その上頻繁に入れ替わっていた二人が、妖精女王とブラッディ・メアリに明確に決したのは、メアリが自ら三百人殺しを行い傷を得た時点だった、とも解釈できる。妖精女王は生まれながらに妖精としての力を有していたからこそ女王となり、姉の方はそれほどの力を引き継がなかった、とされているけれど……。


はい、あうとーーー!!
flv_001144643
flv_001146854

こ・れ・は・酷・い!!
いやもう、割れろよオマエのエクスカリバーww
なんで英国のトランプの面々がこの暴挙を車座になって見守っているのかというと……こいつら、全員酔っ払っているからですww
街の方の酒場で何故かみんなで宴会になりベロベロに酔っ払った挙句に、いっちょ王賜剣抜けるか試しに行こうぜ! という全裸の煽りに英国の連中まで酔った勢いで乗ってしまい、結果として「宴会芸」がこれであるw
トランプという英国の重鎮どもが付き添っているので、警備もこの全裸不審者を通さざるを得ず、まあひどいことになった次第。怒鳴りこんでくるエリザベスたちを発見してすたこらさっさと逃げてるトーリですけど……実は同じくドレイクたちも一緒に逃げてます(笑 あとで超怒られたんだろうな、こいつら。
ところで、何故階下で浅間・鈴・二代を前にして英国の衛視たちがorz状態になっているのかは……まあ、いろいろあったんです、察してあげてくださいw


flv_001225724
三科・大きたーーー!! うわっ、こんな娘だったのか、思ってたより可愛いじゃないか!! アニメでは初お披露目?の清・武田の覚羅教導院の制服、いいなあ。
直政の後輩にあたる娘で、同じ清・武田の出身。現在は出雲の方に留学していて、そこから武蔵に出向という形で滞在することになります。整備担当で、地摺朱雀の改造までやっちゃうメカオタですよー。由来は、元武田家で井伊直政の家臣団に在籍する三科形幸じゃないか、という話だけれど。声、誰かと思ったら豊口めぐみさん。グレイス・オマリじゃないですか! おー、このままレギュラー化ですか。

flv_001305637
武蔵王マロ、出番は少ないんだけれど、出るたんびにこの人、いちいちカッコいいんだよなあ。煩悶しながらも燻り続ける点蔵に、さり気なくエールを送る麻呂教頭。そのフォローは粋すぎて、さすがはフランセーズ、と言ったところでしょうか。かっこいいなあ。
でも、この時点ではまだ点蔵、助けに行きたい気持ちに踏ん切りがついてないんだけれど……。flv_001333123
メアリによって消されたと思っていた傷痕が残っていた。これは、自分は好いた男性に消えない傷を残したい、と宣っていたメアリの、無言にして最大のメッセージ。それに気づいた点蔵は、
flv_001370494

点蔵モゲロ! と言うためには、相応の相手と相応のイチャイチャをしてもらわないと言いたくても言えないんです。罵倒できないんです。壁を叩けないんです。モゲろと言わしめんために、よっしゃーー頑張れ忍者行けーー!

テンション、あがってきたーー!!