敢えて第一部完、と言っておきましょう。

月見月理解の探偵殺人】 
いやあ、なんか凄い盛り上がりでしたよ。クライマックスの盛り上がりは、原作を超えていたかも。特に、懺悔のシーンは胸を突くような迫力で。これは素晴らしい漫画化でした。ニコニコ漫画、という特殊な形態ゆえ、というのもあるかもしれませんけれど、音楽にコマ送りの特徴を充分に生かし切ったとも言えるんじゃないでしょうか。単行本化も決まったみたいで、これは買わんといかんでしょう。
取り敢えずも、原作第一巻が終わった所であるだけに、第二巻以降も是非続けてほしい。あの人も出ましたしね!!


さて、10月の富士見ファンタジア文庫の表紙がAmazonの方でも公開されました。

東京レイヴンズ、夏目が完全に女子モードです。前回はラストの引きが引きだっただけに、どういうテンションで始まるのかわかったもんじゃないのですが、少なくとも表紙は穏やかな感じです……咲き乱れている花が彼岸花じゃなければ、の話ですけれど!!