聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 (GA文庫)

【聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉】 あわむら赤光/refeia  GA文庫

Amazon

『剣聖×禁呪使い』の前世共鳴カタルシス!
1人の身体に最強の《前世》が2つ――つまり超最強!!! ってことだろ?
最愛の二人を救う、新・学園ソード&ソーサリィ、始動!!


「兄様に会える予感がしてたの! 」
前世で愛を誓った姫剣士にして、実の妹の記憶を持つ少女・サツキと、
「私の唇……覚えてないわよね」
別の前世で隣に寄り添い、冥府の魔女として共に戦った少女・静乃。
輪廻を越え、愛する二人と同時に再会してしまった少年・諸葉は、サツキと静乃に挟まれて大弱り!?
そして、前世の記憶を力に変える転生者達の学園で、史上初めて二つの前世《剣聖×禁呪使い》の力に覚醒めた諸葉は、
誰よりも特別な運命を歩み始めた!!
永遠の絆で結ばれた最愛の二人を救う、前世共鳴の学園ソード&ソーサリィ。
我が剣に宿れ魔焔――今、少年は波乱の現世を斬りひらくッ!!
厨二病全開の痛い妹の妄想が実体化してしまうというドタバタラブコメ【現在進行形の黒歴史】の方でシッチャカメッチャカに遊んでいた反動が内面で生じてしまったのか、突然ガチの厨二設定モノを初めてしまったあわむらさん。うん、何となく気持ちは分かる。ふざけて遊んでたネタでも、ずっとやってるとちょっとだけ本気で書いてしまいたくなる事ってありますよ、だって男の子だもんw
とは言え、痛々しさの酸いも甘いも噛み分けた作者なら、こんなド直球すぎるくらいの厨二設定も、痛々しさに身悶えする恍惚感を主題にするのではなく、純粋に物語の枠組みであり味付けである、という位置取りに整え直す事なんてお手の物、ということなのか、普通に面白い学園バトルファンタジーに昇華されている。そもそも、主人公の諸葉が力に溺れたり浮かれたり、そもそもスカしたりカッコつけたりやたらと女人に無自覚に粉かけるようなフラグを立てるプロではない、と言う所が大きいのだろう。彼の過去に大きな挫折となり自分の英雄性を根こそぎ否定してしまうような出来事があったからこそなのだろうけれど、家が貧乏で堅実な生活設計を嫌でも立てないといけないという境遇が、身の程を知り増長せず地に足のついたその姿勢ににじみ出ている。これを、精神的に大人として成熟していると見るべきか、若いくせに枯れていると見るかは人によるだろう。
一方で、一人残念を極めてしまっているのが、ヒロインの片割れ、サツキである。
……うん、アホだね、この娘! せっかく生まれ変わって兄妹という許されない関係から赤の他人として再会して今度こそ誰に憚ること無く恋愛関係を築くことができたはずなのに、サツキ当人も今世こそは添い遂げてみせる! と勇んでいたくせに、実際何をしたかというと、諸葉に自分を妹として見てもらうために奮闘する、という願いとは真逆の方向へ突っ走ってしまう、というアーパー振り。何故自分で恋愛フラグを遠ざける! しかも、サツキは自分が何をしてるか全く気づいていないという頭の悪さ。なまじ、諸葉が最初はサツキをちゃんと異性の女の子として見ていただけに、彼が じゃあ、これからは頑張ってサツキを妹として見れるように頑張るよ、と言い出した時には思わず頭を抱えてしまった。しかも、サツキときたら何か致命的に間違えている違和感を感じながら、それをスルーしてやったーとばかりに喜んでるし。アホだ、この娘アホだ。

さて、本作では多くの少年少女が前世持ちとして覚醒し、専門の学校に集められて外の世界から侵攻してくる謎の敵への唯一の対抗手段として育てられているのだけれど……、ちょっと残念だったのが多種多様な前世から転生してきたはずの転生者たちが、それこそ一人ひとりの前世の数だけ様々な形の異能力を持っていてもおかしくないのに、何故か共通した二種の大系に能力がまとめられてしまっているところ。わかりやすくはあるんだけれど、そこまで一括りに大別されてしまうのは多様性の欠片もなく、せっかく色んな前世持ちがいるはずなのに、何ともつまらないじゃあないですか。もっとごった煮のアナーキーに色々やってみても面白かったのになあ。