映画【天地明察】を見た。
えんさんのキャラが全然違うw
それはまあいいとしても、映画オリジナルの部分の演出やストーリーのセンスの無さや発想の貧困さが酷い。それに、きちんとオリジナルで創作した部分と元の話の部分を筋立てて繋げようという意識が薄いのか、まるで別のお話とつぎはぎしたかのような酷さに原作順守の部分との差がでこぼこの凹凸みたいになっててもうなんというか。特にいきなり襲撃を受けたシーンと、最後にえんさんが現れたシーンには、いくらなんでも脈絡なさすぎて思わず失笑してしまった。どないしていきなり京都に現れんねん。もう、そんなん無理して付け加えんでも。二人の、先に死なないでください、という想いも、それぞれがつれあいを亡くしてしまったという展開を飛ばしてしまっているので、言葉に中身が詰まってないんですよね。
ただ逆に言うと、原作順守の場面は非常に雰囲気も良いですし、キャスティングもばっちりはまってたんじゃないかなあ。建部さんと伊藤さんの老人コンビなぞ素晴らしかったし、主人公の岡田准一もイイ役作りだったと思う。えんさんのキャラ違いは、あれは宮崎あおいがどうのというよりも、演技指導の方向の違いだろうから彼女がどうこうという問題ではないのだろうけど。
ただ、松本幸四郎はあれ、保科正之じゃなくて酒井忠清だよなあ、あのキャラ。水戸光圀は、中井貴一では品が良すぎて少々物足りなかったかも。この天地明察の水戸光圀は、もっとヤバゲな、そこに居るだけで食い殺されそうな虎みたいな人でないと、なかなか……。
ともあれ、雰囲気もよく出てて良い感じだっただけに、後半のあまりにもあんまりな話しの転がりっぷりは勿体無いなあと唸らされる映画でした。


メディアワークス文庫と、まおゆうの漫画版到着。
ビブリアの売れっぷりは若干ビビるほどのものがあるなあ、これ。
他二作は新人賞から。特に、電撃小説大賞の大賞受賞作がメディアワークス文庫から出るというのは初めてで、要注目。

ビブリア古書堂の事件手帖 4.〜栞子さんと二つの顔〜】 三上延(メディアワークス文庫) Amazon
きじかくしの庭】 桜井美奈《第19回電撃小説大賞<大賞>》(メディアワークス文庫) Amazon
 【路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店】 行田尚希《メディアワークス文庫賞>》(メディアワークス文庫) Amazon
 【まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 6】 石田あきら/橙乃ままれ(カドカワコミックスA) Amazon