月刊マガジン連載のレーサー漫画【capeta】が十年の連載を終えて完結。F1まで行かずに終わってしまったことには驚いたけれど、完結に添えられた作者のコメントを見て非常に納得。ここしばらくのカペタのレーサーとしての成長ぶりには瞠目すべきものがあったけれど、最後のレースは確かにそれが究極に達していましたもんね。その上で、原点への回帰でもあった。源との一つの決着をつけるレースでもあり、あの源に負けたと言わしめたレースでもある。バックアップスタッフとの信頼関係も行き着くところまで行き着き、まさに描き切った、と読者である自分も得心が行く最高のレースでしたからね。これはもう、ここで幕を引く時が来たのでしょう。
素晴らしい感動ばかりの傑作でした。お疲れ様。


最近、角川のコミックエースのウェブ版である【ニコニコ・エース】を毎週読んでます。【プリズマイリヤ】とか名作と名高き石田あきら版の【まおゆう魔王勇者】など、結構いいのが連載されてるんですよね。
ニコニコ静画は、他にも雑誌の無料掲載が充実しているので、重宝しています。


翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上妹尾 ゆふ子 ことき

幻冬舎 2013-02-28
売り上げランキング : 250


Amazonで詳しく見る
by G-Tools