ちーちゃん、かわいいよ、ちーちゃん。

アニメになって一番良かったのが、このちーちゃんの百面相ですね。ころころ変わる表情と、豊かな感情が見ていてふにゃ〜ん、となってしまいます。
真奥にデートのお誘いのメールを送る時の、思い切ったような「えいや」はほんと可愛かったん、うん可愛かった。


デュラハン号、ニュースに出てるw
昨夜の真奥と勇者を襲った襲撃は、ちゃんと翌日には警察沙汰になってました。まあ道路や看板に弾痕残ってたら普通に事件になりますし、現場に損壊した自転車が放置されていたら、防犯登録を辿って事情を聞きに来られます。
という訳で、真奥と芦屋が警察に居たのは、銃撃事件の参考人として任意同行していたからです。まあまさか事件の当事者だとは思われず、単に巻き込まれただけ、という事で一応保証人に来てもらって解放、という流れだったのですが、よりにもよって呼び出された保証人が……勇者さまだったわけでして。恵美の携帯番号を警察が知っていたのは、確か昨晩、真奥と喧嘩した時に調書を取られた際に警察側が番号を控えてたんじゃなかったかな。真奥は知らなかったと思うぞ。
警察に魔王の身元を引き受けに行く勇者、という何この構図w
ちなみに保証人の選定、店長の木崎さんは候補にあがっているのに、大家のミキティーは候補にすら上がっていないのは、いろいろ真奥たちの気持ちを察してあげてくださいw


恵美が落とした財布には、銀行のカードやクレジットなんかも入っていたので、ちゃんと手続きして使用停止しないといけないわけで、お昼休みちょっと時間がないと言っていたのは、そういうことです。
しかし、こうして見ると恵美ってこの数日、同僚の梨香のお誘い尽く断ってるんですよね。それでも気を悪くすることもなく、それどころか一切気にもせずに声をかけ続けてくれてる梨香はホント良い人です。いやマジでこの人、良い人なんですよ。恵美もまだこの段階では仲の良い同僚、くらいの意識だったんじゃないかな。
次回予告から見るに、第四話でこの梨香さんの人となりがわかるんじゃないでしょうか。彼女、ただ恵美の仕事場に居るだけのモブではなく、本編にもちょこちょこ関わってくることになります。

先週から真奥たちの正論にぶちきれる勇者だけれども、逆襲の精神攻撃はけっこう二人に的確なダメージを与えているのが面白い。今週も、献立の計画性の無さを指摘されてガチで落ち込みまくる悪魔大元帥アルシエルの図w

アルシエルがオカンすぎるw
デートを前にして、真奥のコーディネイトをプロデュースする悪魔大元帥。
衣装代は、へそくりから出している、と芦屋は言ってますけれど、これは真奥が生活費として入れてるお金からのものではなくて、芦屋が自前で稼いだお金です。魔力回復の手段を調べる合間に、もしものことを考えてちょくちょくと仕事を入れて収入を得てたりするんですよね。何をやっているかについては、アニメではそこまでやらないかな。一応、智将らしい体力ではなく頭のほうを使う仕事です。

さて、デートである。ここで、キチンとデートだと認識している真奥はさすが、魔王さま。スマートであります。出会った冒頭でまずちーちゃんが髪を切っているのを指摘するあたり、卒がなさすぎる。
まあこのスマートさは、この娘を異性として意識していないから、でもあるんですが。もっとも、だからこそ落ち着いてちーちゃんを女性として大切にエスコートしてるんですし、それが出来る真奥がそれだけ大人だということなのですが。
もっとも、真奥にとってのちーちゃんの存在は、ここからかなり激変してくるのではありますけれど。真奥にとって、だけではなく芦屋や恵美にとっても、ですが。一般人故に物語の主軸からハブられそうに思える立ち位置のちーちゃんですが、彼女こそがメインヒロインです。真奥にとってのメインヒロインじゃなくて、魔王サイド勇者サイドの区別なく、登場人物全員にとっての、という感じですが。

デート現場を恵美に発見される。

見つけた時の恵美の変顔が面白すぎるんですがw
しかし、恵美も一年の現代日本生活で完全に女子力身につけてるよなあ。一見して、ちーちゃんの本気度をファッションチェックしてのける勇者。流行りのワンピ、ってきちんと流行もチェックしてるんだなあ、勇者。
ちーちゃんのおぱーいのデカさに気づいた時の反応がまた、中の人の演技なのか素なのかわからんが、酷いw

エンテ・イスラとリンクが繋がってしまっているちーちゃん。
ここで、ちーちゃんがエンテ・イスラからの通信を受信してしまっているのは、偶然ではあるのですが必然でもあります。真奥たちが日本に来た直後が関係してるんですな。

真奥とちーちゃんのデート現場であるカフェに堂々と乗り込んでくる恵美さんと、仕方なく付きそう芦屋。恵美、ガン見しすぎだろう。めっちゃ見てる!! 見過ぎ見過ぎ!!

そして発生するバイト先の後輩と宿敵勇者の修羅場w
そう、修羅場である。
恵美からすると、魔王の魔の手に掛かりそうな幼気な少女の間違った判断を正して助けようとする言動が、ちーちゃんからすると真奥の元カノがいちゃもんをつけてきたようにしか見えないという、全く噛み合っていないのに恐ろしく噛みあってしまった修羅場に成り果てた、というシーンである。
まあ、恵美のセリフって、勇者として見ると魔王の危険性を指摘しているにすぎないのに、日本人として見ると別の女とデートしている元彼をわざわざディスりに来た痛いお姉さんにしか見えんよなあ(笑

地震、こうして見るとほんと酷いなあ。真奥が魔王の姿を取り戻しているのですが、魔王ファッションじゃなくて一般人ファッションで魔王の姿になると、ごっついムキムキマッスルにしか見えん!
ちなみに、この地下街崩落シーン。コマ送りでよく見てると、面白いことに気づきますよ。普通に見てた時には一瞬過ぎて気づきませんでしたが。

エンディングは、ちーちゃん。エロい。体つきもそうですけれど、この表情は小悪魔じみてて素晴らしい。
そういえば正式なOPは5話からのようで、遅れてるのか。ただ、新登場の二人が加わるのが多分二巻がはじまる5話か6話あたりからなので、ちょうどいいと言えばちょうどいいのかと。

はたらく魔王さま! (1) (初回生産仕様:和ケ原聡司書き下ろし小説(250ページ超)同梱) [Blu-ray]
はたらく魔王さま! (1) (初回生産仕様:和ケ原聡司書き下ろし小説(250ページ超)同梱) [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2013-07-03
売り上げランキング : 78


Amazonで詳しく見る
by G-Tools