以下に収納


【ONE PIECE 】
「ベラミー、がんばれー!!」
ルフィが苦闘するベラミーを応援するシーン、折角感動したのに応援したの一度だけかよ。あとは、完全無関心に移行。このへんのサバサバしてるところは、あんまり好きじゃないのよね。
バトロワは、あっさり謎の剣闘士もやられ、ベラミーもバルトロメオに太刀打ちできず、最後にキングパンチが全部吹き飛ばしたかに思えたところ、残っていたバルトロメオが王様ぶっ飛ばして勝ち抜け、っと。なんだよ、まんまバリアを張る能力か。四皇クラスでも食らえば倒せるキングパンチを無傷で防げたんだから、防御力はパないのはわかったけど、往々にしてこの手の能力は弱点があるんだよなあ。しかし、こいつも誰かの為に動いてるのか。


【ニセコイ】
4月1日ネタって、随分ズレてるなあ。こちとらGWも終わって梅雨目前ですよ。それはそれとして恒例デートも緊張感がなくなってきて刺激が足りない、と千棘が今回は見張りが500人もついてきてるぜー、と嘘をついたところ、おもいっきり信じた楽によってデートはかつてないイチャイチャしたものに。なのに、刺激が強すぎて千棘耐えられず。なにをやっとるんですか、あんたは。最後、ちゃんと土下座して嘘ついてたの謝るところは好きなんですよね、この娘。女の特権に胡座をかかず、悪いことをしたと思ったらわりと形振りかまわずヒロインらしからぬ泥臭い真似をしてくれるので。


【食戟のソーマ】
おおっ、いい顔するじゃん! 自分だけではなくそーまの退学まで背負うはめになり、重圧に怯え震え萎縮しながらも最後に戦う決意を固めた田所恵の毅然とした表情、そしてそれを見守る創真とザンギリ頭の料理長の表情のイイことイイこと。ちょっと思わず惚れぼれとしてしまいました。


【クロス・マネジ】
いや、ハーフタイム入るまでに二点なら十分でしょう。しかも、二点目も為す術なしではなく熾烈な攻防の上で、ですからね。押し込まれていたとはいえ、対処は出来ていたんだから、すぐにボロ負けするんじゃという観客たちは見る目がなさすぎる。まあ、瀬戸際の攻防を続けた挙句に緊張の糸が切れてしまったら、ダムが決壊するみたいに酷いことになる可能性もあっただけに、ハーフタイムでのフォローはさすが。かなり空気が破裂寸前の風船みたいになっていたのが、何とか持ち直したんだから。しかし、作戦第二弾って、事前に考えてあったんだろうか。いや、この展開は予想してしかるべきだったんだから勿論、想定してたんだろうな。それをみんなに伝えていなかったのは、それだけ作戦1に全霊をかけてほしかったからか。ここ、深空の雰囲気が凄い飛躍寸前って感じで、いやそれ以上に憧れに近づきたいという気持ちと、あの人よりも自分が輝いてる姿を櫻井に見てほしいという気持ちがキラキラ光ってるかのような雰囲気が、ちょっと素晴らしかったです。