ここしばらく悩まされていた親知らず周辺の歯茎の腫れがようやく引いてきた。いよいよ、歯医者いかんといかんなあと項垂れていたところだったので、良かった。抜くのが手っ取り早いんでしょうけどねえ。
子供の頃は痛いのが嫌だった歯医者ですが、今となっては何度も何度も通わなければならない手間と、そのたびに支払われる治療費が鬱で鬱で、大人になっても忌避してしまいます。定期的に検査行くべきなんでしょうけれど。


このシリーズは、ついつい手島さんのやつとどっちだったかな、と混同してしまいがち。
ってか、この作品のヒロインって誰がメインというわけでもなく、姫様にフレイにシャーリーに妹に、とかなり均等なバランスを保っているのに、なんで表紙フレイばっかりなんかね。

 【銀閃の戦乙女と封門の姫 3】 瀬尾つかさ(一迅社文庫) Amazon