あかん、にゃん太班長の二刀流の構えがちょっとかっこ良すぎるんじゃないかい!?
通常なら絶対にあり得ない構えだけに、そのスタイリッシュさが余計に際立つ。スバッらしい、カッコ良い、惚れるわぁ。
猫獣人というと、どうしてもかわいい系に分類されてしまうものだけれど、にゃん太班長はひたすらにシャープでかっこいいよ、渋いよ、大人の風格だよっ!!
惜しむらくは、このにゃん太班長のカッコ良い剣戟を今後見られる機会が殆ど無かろうというところなんだが、実のところ戦闘シーン自体、このあとかなり少なくなるからなあ。少なくとも、シロエや直継、アカツキ、にゃん太班長のそれは。
逆に言うと、ここから作品の方向がガラッと変わるんですよね。恐らく、原作を知らない人たちからするとかなり予想外の方向に。そして、ここからは腹黒眼鏡、シロエじゃなくて真っ黒クロエだろうと言われる所以たる大策略が展開される、というか見ているこっちの認識をひっくり返すようなパラダイムシフトが起こり始めるので、とかく来週からが楽しみで仕方がない。
本来ならこれは【まおゆう】の方でも楽しめる類の感覚だったんだけれど、あちらはまるで作ってる側に理解の様子が見受けられなかったからなあ。その点、コチラは十二分に敷き詰められていそうなので、期待が膨らむばかりです。

しかし、デミグラスさんの世紀末覇王ごっこには笑ってしまった。あんたら、ヒャッハープレイ楽しみすぎだろうw ちょっとやりすぎな描写がコミカルさを生んでいて、ホントならもっと凄惨で切羽詰まった様子になっているはずのススキノの姿が和らいで見えるのは、良いことなのか悪いことなのか判別がつきにくいわw
このディミカスさんが、最新話ではかなりアレな感じになって再登場しているらしいのが、まったく想像つかない。ちなみに、ウェブ連載の方は自分、読むの停止しています。単行本出た時に新鮮に楽しむため。

ログ・ホライズン 1 [Blu-ray]
ログ・ホライズン 1 [Blu-ray]
メディアファクトリー 2014-01-29
売り上げランキング : 794


Amazonで詳しく見る
by G-Tools