聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6 (GA文庫)


おー。最近、ドラマCDの制作、レーベルのイチオシ感など、なんとなくそんな空気があったのでどうだろうと伺ってたんですが、情報あがってきましたね。他のGA文庫が帯付きの書影出ているのに、これだけいつまで経っても帯付き書影が出てこないなあ、と思ってたら、アニメ化情報が載ってたのか。

個人的には、この作品、今トップクラスで読んでて楽しい作品なので、ちゃんとアニメ化してくれるなら嬉しいですね(それが難しいのですけれど)。
アニメ化に際して、その中二病全開さがけっこう揶揄されてるっぽいですが、1巻のあらすじとか見ると、まあわからなくもない。とはいえ、これって原作者が元々中二病の痛々しいのをギャグネタにしてた【あるいは現在進行形の黒歴史】というシリーズを書いてたのですけれど、茶化すんじゃなくていっぺん、これでもかというくらい中二病全開なのをガチンコで書いてみようや、という感じではじまったシリーズっぽいんですよ。
なので、この手の作品にしてはびっくりするほど「痛々しさ」が無いんですよ。元々、デビュー作からしてストーリーテーリングに長けてた良作の書き手なので、お話として面白いですし、エンタメとしても非常に盛り上がる。
メンバーが出揃ってくる3巻あたりからは、群像劇としての要素も出てきますし、それでいて主人公のカッコよさという掴みは一貫して揺るがない。まあ、カッコ良さに関してはヒロインも、脇を固める男性キャラクターも全員、お前らかっこ良すぎだろう、というシーンが山ほどあるので、燃えどころが尽きないんですけれど。
近年稀に見る、痛快でスカッとする作品なだけに、アニメも頑張ってほしいなあ。