先週の予告で白亜の登場シーンが普通の街角だったので、もしかしてブレードフィールド公国編はないのかと危惧していたら、ちゃんと後半で菜波の帰省しているブレードフィールド公国に旅行してきました、良かった良かった。
ところで、原作読んだ時も薄っすらと美森会長と婆様はブレードフィールド旅行には参加しないのか、なんでだろうなあ、と思ってたんですが……最新刊読んで納得した。うん、本人たちは知らないこととはいえ、この二人公国来ちゃマズイよね。
と、無事ブレードフィールド公国編には突入したものの、白亜と菜波を狙う暗殺者が、エデン・リプライからルリの量産戦闘型に変更になってるー!?
わぁ、ひそかにエデンさんの登場は楽しみにしてたので、ちょっとガッカリですよ。うん、あの人存在が訳わからんから、登場させてしまうと訳わからんくなるのはわかるんだけれど、元々本筋からしてよくわからんのだから、よくわからん人を出したってわからんなりに面白いと思うんだけれどなあ。ともあれ、仕方ないので諦めましょう。
でも、二期もエデン出ないのならないのかなあ。

白亜の語尾繰り返しのしゃべり方は、アニメで見ると確かに鬱陶しい、非常に鬱陶しい!(笑

メイドさんたち、さすがにつおい! 原作だとどうだったんやったっけ。あれ、エデン・リプライだから敵わなかっただけで、実は量産型ぐらいなら倒せるレベルなんじゃないだろうか。

今回一番笑ったのが、ねんどろルリの雄姿でありましょう。自分の量産型の蛮行を止めるため、ねんどろぷち形態にも関わらず、突貫していくるり。あっさり、またぎ越され、完膚なきまでにスルーされるるり。おまいはなにしにいったんじゃー!!

原作感想

「彼女がフラグをおられたら」第1巻[Blu-ray](初回生産限定版)
「彼女がフラグをおられたら」第1巻[Blu-ray](初回生産限定版)竹井10日

フライングドッグ 2014-06-18
売り上げランキング : 1147


Amazonで詳しく見る
by G-Tools