以下に収納

サンデー

【湯神くんには友達がいない】
友達、本当に居ないんだな。落語のセットを本番前に撤去され、急遽自前で制作するはめになった湯神くんだったが、誰も助けてくれない以前に誰にも助けを求めないあたり、徹底してる。
なんかこう、文化祭本番でどれだけ酷いことになってしまったのか、ここまで前振りされると異様に楽しみになってきた。ここは月一掲載が辛いよ!


【銀の匙 Silver Spoon】
他校もメガネを装備してくるとか、どれだけメガネフェチの馬だと知れ渡ってるんさ!
でも、本番で肝を据えられるようになったあたり、頼もしくなったじゃないか、八軒くん。まあ、その肝を据えるまでのグダグダっぷりは相変わらずなのだけれど。でも、それも愛嬌だわねえ。


【BE BLUES!〜青になれ〜】
あのムキムキに鍛えてきた久米さんって、事故で怪我してレギュラー外されたキーパーの人か。この人、もう人知れずフェイドアウトしていくのかと思ったら、もう一回チャンスあるのね。
爺ちゃんがなんで女子マネたちに監督やらせたのかの意図については、ものすごくなるほど、と頷いてしまった。いやいや、さすが長いこと日本に在住しているだけあって、日本人の特性みたいなの知り抜いての判断じゃないですか。むしろ、外国人故に日本人の性格を客観的に見れているとも言えるし、すごい人だなあ。


【史上最強の弟子ケンイチ】
こ、これはっ、これはびっくりだー!! いやいや、どうしてもジュナザードの元に攫われた美羽を助けにいった時に出会った親父さんと、この久遠の落日で動いている一影とでは行動基準にズレがあって気持ち悪いなあ、とは思っていたんだけれど、何らかの理由あっての事だと思っていたから、まさか別人だったとは考えもしなかった。ってか、一影って風林寺砕牙じゃなかったんか!! ってか、岡本さんが風林寺砕牙だっただと!?
これは驚いた、本当に驚いたけど、良かったよ。親父さん闇堕ちしてなくて嬉しかったよ。


マガジン

【ベイビーステップ】
しまったなぁ、浅野選手とえーちゃん、プロにしがみつくベテランとプロになろうとしている新人、という観点で見ていたのは大間違いだったかもしれない。そういう最低基準の視点じゃなくて、浅野選手は本当の本気でプロテニスの頂点を目指しているし、えーちゃんもフロリダを経たことでもうプロになるかならないかじゃなくて、プロになってどこまで行けるか、というのをこの大会を通じて考えてる。
二人共、見ている視点がこちらが考えているのとは全然高さが違ったわ。当然、浅野選手もえーちゃんをただの新人ではなく、同じステージに立とうとしている選手として捉えている。これは、今までの試合とは全く意味が違ってきているんじゃないだろうか。
あと、えーちゃんが怖いのはむしろ情報が蓄積されていく後半行こうですよ、まだ判断するのは早い。

【UQ HOLDER!】
刀太って、少なくとも同年代の時ならネギ先生よりも格闘センス上なんじゃないのか、これ。この時点で、重力刀の使い方見てると、とんでもないレベルだわ。フェイト、そこまで余裕ぶっこいてるわけでもないし。
その上で、お嬢がフェイトの思惑を上回る、と。お嬢、これ期待以上に出来物じゃないですか。しかし、この時代、アプリケーションでフェイトの石化を解除できるレベルのを作成できるのか、これも技術発展だなあ。
技術発展というと、月詠さん、なんか全身義体らしいんだけれど、もしかしてオリジナル月詠さんですか!?


【FAIRY TAIL】
おおっ、父親その人ではなく悪魔が身体乗っ取ってるのは想像できていたけれど、その悪魔の正体については、ここにそれを持ってくるかっ、というセッションじゃないですか。これは面白いっ!