ストーリーにブーストが掛かってきた【エスケヱプ・スピヰド】と、前シリーズ超えの第三巻に到達した物草純平さんの【ミス・ファーブルの蟲ノ荒園】と、ガッつける作品が揃った7月電撃文庫ですけれど、今回の注目作はこれ。【監獄学校にて門番を】
この作者の古宮九時さんは、「藤村由紀」名義でウェブ上で作品を公開してらっしゃって、今自分はまだ全部は読んでないのだけれど、【Unnamed Memory】と【Babel】は睡眠時間をガリガリ削ってかなりやばいことになるまで熱中させられてしまうほど、面白かった。面白かったのです。死ぬかと思ったわ、仕事中眠くて!
というわけで、この方のデビュー作は俄然かぶりつきなのですよ。楽しみ楽しみ。

エスケヱプ・スピヰド 六】 九岡望(電撃文庫) Amazon
ミス・ファーブルの蟲ノ荒園 3】 物草純平(電撃文庫) Amazon
監獄学校にて門番を】 古宮九時<第20回電撃小説大賞・最終選考作>(電撃文庫) Amazon
 【祓魔学園の背教者(ミトラルカ) 4.紫色の黙示録】 三河ごーすと(電撃文庫) Amazon
 【白銀のソードブレイカー 2.不死身の剣聖】 松山剛(電撃文庫) Amazon
 【軋む楽園の葬花少女 2】 鷹野新(電撃文庫) Amazon
 【ガンズ・アンド・マジック  黒き鎧と幼き女王】 長田信織(電撃文庫) Amazon