【人生】の主人公?の赤松のデザインが、まるで別人に変わってる!
いや、変わっているのは別にいいんですよ。元々のデザインも、地味なメガネくんで、冴えなさが極まっててちょっとビジュアル的にどうよ、という感じだったので。でも、変更してこれ、というのはまた違うんじゃないかしら。変だよ? 普通に変だよ? なんか異様なカンジがするよ?
と、赤松だけは何か異様なんだけれど、それ以外に関してはかなり頑張ってる。話的にすごく地味で映像的に動かしにくいはずなのに、ずいぶん頑張ってたような。それに、最初からかなり梨乃推しなのね。
この作品って、わりと直球で梨乃と赤松の甘酸っぱいお話になっていくのだけれど、最初はもうちょっと三人共距離に差はなかったと思ってたんだが、案外今見直したらこのくらい最初から梨乃優先だったのかな。


>到着メモ

エスケヱプ・スピヰド 六】 九岡望(電撃文庫) Amazon

なに、この柊の圧倒的ヒロイン臭。既に叶葉という鉄板がいるにも関わらず、この雰囲気はすごい。


ミス・ファーブルの蟲ノ荒園 3】 物草純平(電撃文庫) Amazon

来月にも4巻の発売が予定されてるんだが、捲くり入ってるんだろうか。

監獄学校にて門番を】 古宮九時<第20回電撃小説大賞・最終選考作>(電撃文庫) Amazon

おすすめしていた一作。今読み始めてるけれど、ちょっとぎこちないか?

 【祓魔学園の背教者(ミトラルカ) 4.紫色の黙示録】 三河ごーすと(電撃文庫) Amazon

これも完結か。三巻の山を超えたけど五巻はでは行けなかったか。

 【白銀のソードブレイカー 2.不死身の剣聖】 松山剛(電撃文庫) Amazon

あの人は、え?そこで死んじゃうの? と意表を突かれたキャラだっただけに、この再登場は納得。