艦これ、AL作戦終了。なんか、難しい難しいと言われているけれど、これまでのイベント序盤と比べても、自分は苦労しませんでしたよ? あれ?

E2は、引き続きE1からと同じく、航空巡洋艦「最上」、重巡「衣笠」、軽空母「飛鷹」「隼鷹」に、駆逐艦「ヴェールヌイ」と「時雨」という編成で、南ルートから。
索敵値が相当シビアという事で、実際最初の何度かはルートそれてしまったために、もう駆逐艦は元々火力少ないので、ピケット艦として扱うことにして、電探系を全載せした上で、飛鷹隼鷹には彩雲を4コマ目に乗っけて、重巡二隻には三式弾と、瑞雲、水上電探という装備に。これで、安定してボスまで行けました。

ボス戦は、ギリギリまでちまちま削っていく心積りで。支援は、最後の一戦以外は道中支援。特にキラ付けなしで、重巡二隻、千歳千代田に艦爆前載せ。それに綾波、夕立の鬼神悪夢の駆逐艦コンビで行ったところ、いい感じで削ってくれました。
本隊も、キラ付はわりと適当。やっても、一回付でしたね。途中から面倒になったので、演習使ってキラ付してました。どうせ、万全にキラ付けしても事故る事はあるわけですし、それなら休息はきっちりとって疲労を抜きつつ、それなりのペースで突入した方が良いかな、と思ったので。と言っても、回数自体もそれほど重ねてませんでしたが。あんまりストレス溜め込まないように、暇な時に突っ込むようにして、一日ほぼ5〜6回。多くても10回くらいしか作戦実行せず。
これで、途中で大破撤退はだいたい4割くらいの割合でした。
ボスの北方ロリ姫ですが、これは柔らかかったですね。火力も大したことありませんでしたし、かなり楽でした。撃沈まで行ったのは二回だけでしたけれど、あと一回倒せば、というところで回り道せずキッチリ倒せたのは幸いでした。
結局、AL作戦トータルで資源10000使わなかったかも。自然回復分や、ぼちぼち遠征もしていたのもありますが、作戦開始当初から7〜8000くらいの消費で片付いてます。

日頃から大型建造も殆どしていなかったわりに、遠征はこまめにずっとやっていたせいか、資源はだいぶ貯めこんでました。AL作戦終了の現状ですが、燃料とボーキは10万超え。鋼鉄は9万5000。一番少ない弾薬でも8万7000は確保しているので、連合艦隊で消費が激しいとされるMI作戦も、これならなんとか大丈夫そう。
戦力の方も、AL作戦では結局、伊勢日向、最上衣笠、飛鷹隼鷹、ヴェールヌイ、時雨という最小単位で、しかもレベル的には戦艦、重巡は二軍クラスの60台の艦でしのげたので、だいぶあとは楽に行けそう。
まあ、本番はこっからなのですが。
とりあえず、精神的にめげない程度で、楽しくやっていこうと思っています。


>到着メモ
 【戦国妖狐 13】 水上悟志(ブレイドコミックス) Amazon

おおぅ、もうクライマックス突入してからのこの盛り上がりときたら、すさまじいことに。灼岩がーー!!