いやこれ、ハッキリ言って今までのイベントの中で一番楽ですわ。E5攻略まで殆ど苦労らしい苦労しなかった。
勿論、編成や装備など、先人の知識を参考にさせていただいた上のことなんですけれど、それでもこんなに行き詰まらなかったイベントなかったですわ。今までだと、このへんでもう精神的にヘトヘトになってて、勘弁して下さい状態になってたんだけれど、今回はボスまでそれほど撤退せずに毎回行けましたし、ミッドウェー基地姫も空母棲姫もだいたい撃滅出来て、ラストアタックも1,2回で突破出来ましたし。。

応急修理とか、全く使いませんでした。
GFめっちゃ強い。さすがはGF、さすがは聯合艦隊!!

というわけで、残るはE6。敵本土急襲艦隊迎撃作戦が残るのみ。
しかし、このシチュエーションは確かに燃えますよね。主力艦が全力出撃で出払っている隙を狙って、大艦隊を差し向けてくる敵に対して、鎮守府は残った僅かな戦力でこれを迎え撃たなければならなくなった、という形なわけですから。
当然のことながら、シチュ的には本土に残存している戦力は精鋭を欠いた二線級の艦船や、完熟訓練も済んでいない新造艦ばかり。これら寄せ集めの戦力をまとめあげ、鎮守府への進撃を食い止め、本土への被害を防がなければならない。
一度本土への攻撃を許し、鎮守府が壊滅するならば、民間人にも多数の死傷者が溢れかえり、被害如何によっては今度の艦隊の活動すら大きく制限されることになるだろう。
発せられるは死守命令。練度戦力ともに敵艦隊はコチラを大きく上回るであろう。すなわちこれ、死戦である。勝利なくとも敗北は決して許されぬ戦いである。
いざ、皇国の興廃、この一戦にあり。
てなもんである。

さすがに、E6を「扶桑」「山城」「鳳翔」「天龍」「睦月」「如月」という旧式縛りで挑めるほど余裕はないけどね!