セリーグは混沌だなあ。今年は巨人がヘロヘロなだけに最大のチャンスも良いところなんだけれど、阪神も阪神で勢いが全くないからなあ。勢いがないのに、なんとかへばりついてけているという所に戦力の充実化を感じるのですけれど、中継ぎの弱体化がやっぱりネックなんですよね。JFK以前、暗黒時代から中継ぎに関してだけは毎年駒が出揃って心配した事がなかったのですが、今年は記憶にあるかぎりでも最悪と言っていい。福原先生が孤軍奮闘してるだけですもんね。後ろが弱いとどうしても安定して勝てないからなあ。
今年は、もう広島に何とか頑張って欲しい。一時期の勢いは無くなり、エリド含めて離脱者も増えてきてますが、それでももう実力は本物ですし、せっかくの優勝のチャンスなのですから。

それはそれとして、狩野の久々の活躍は嬉しかったなあ。ヘルニアでずっと苦労していただけに。
あれさえなければ、彼が矢野のあとを継いで阪神の正捕手となっていた可能性は高かったはずなのになあ、という未練が私の中で未だにこびりついているのです。ちなみに城島獲得については、狩野がおんのになんでやねん!と狂乱した口です。


>到着メモ

 【愛だ恋だを取り締まる俺に、春がやってきたので無秩序 1】 竹井10日(角川スニーカー文庫) Amazon

タイトルからして相変わらず錯乱している、無秩序!!


 【クロス×レガリア 王威の決戦】 三田誠(角川スニーカー文庫) Amazon

あれ? これで完結なのか!? レンタルマギカに比べると、全体的にぼんやりしたままゴールまで辿り着いてしまったような……。


 【この素晴らしい世界に祝福を! 5.爆裂紅魔にレッツ&ゴー!!】 暁なつめ(角川スニーカー文庫) Amazon

紅魔の里編。ウェブ版では、ここらへんからめぐみんのセックスアピールが凄まじくて、実質メインヒロイン奪っちゃったようなものなのだけれど、こちらではどうか。


 【サングリア ‐In the Dracuria earth‐ Rの一族】 高野小鹿(角川スニーカー文庫) Amazon

【メシマズ】の作者の新シリーズ。前回は続けていくにつれて芯がブレるというか、物語を構築しきれなかった感があるので、今回からこそが真価を問われそう。


 【アオイハルノスベテ】 庵田定夏(ファミ通文庫) Amazon

【ココロコネクト】の庵田さんの新シリーズ。青春グラフティの決定版、となるか否か。なんか、帯も特殊仕様でレーベルとしても気合入っているのが伺える。


 【アリストクライシ 3.with you】 綾里けいし(ファミ通文庫) Amazon

哀しくも美しい化け物と人間の狭間で揺れ動く者達のラブストーリーも、これにて完結。長引かずにスッパリ終わらせるのは悪くないんだけれど、この胸に来る作品はもっと見続けたかったな。


 【神武不殺の剣戟士 2.アイノススメ】 高瀬ききゆ(ファミ通文庫) Amazon

第一巻がかなり大ウケだった新人作品の第二弾。主人公の自称「悪党」振りがまた痛快だったんですよね。


 【ブラス・オブ・シェルオール 新世響奏の姫騎士 1】 是鐘リュウジ(ファミ通文庫) Amazon

異世界召喚者は毎度の事として、テーマが「音楽」というのはまた面白そう。音楽ものは、何気にハズレ少ないですしね。