新入幕が横綱相手に立会変化して注文受けてるのはどうも納得がいかないや。そこまで立会の変化を邪道扱いするのなら、いっそ禁止すればいいのに、とすら思う。

巨人、優勝してしまった。いつもなら、仕方ないとうなだれるだけなのだけれど、今年に関してはホント納得いかんなあ。今年は広島優勝の流れだろうに、どうして行けんかった。

よく、ホームランを打ったあと打者が喜ぶと投手に失礼だ、というけれど、投手から見て、自分の渾身の球をホームランにしたにも関わらず、喜びもせずお前なんぞ眼中に無し、とばかりに淡々とベースを回られるのを見て屈辱に思ったりはしないんだろうか。
完全に観客の視点からすると、時々だけれどむしろ、ちゃんと打てたの喜んでやれよ、と思う時があるんですよね。
鳥谷なんかは、自分がピッチャーをやっててホームランを打たれた時、はしゃがれて嫌だったから、と自分がホームランを打った時変に反応したりしないようにしているらしいけれど。


>到着メモ
 【焦焔の街の英雄少女 2】 八薙玉造(MF文庫J) Amazon

前巻でものすごい終わり方をした、豆腐メンタルの英雄少女がヒロインのお話。

 【女騎士さん、ジャスコ行こうよ】 伊藤ヒロ(MF文庫J) Amazon

ジャスコのショッピングモールとか知らんぞ。ショッピングモールができはじめた時、既にイオン状態だったし、うちの近所に昔からあり昔になくなったジャスコは、ショッピングモールと言うほど大きくなかったし!


カンピオーネ! XVII 英雄の名】 丈月城(スーパーダッシュ文庫) Amazon

ちょっ、イラストレーターの人、これ完全に迷走してないか!? 最近絵柄がガラっと変わったと思ったら、今回さらに変な方に壊れてるぞ、これ。

オレのリベンジがヒロインを全員倒す!3】 八薙玉造(スーパーダッシュ文庫) Amazon

八薙さんの本が同月に二冊同時刊行とか、凄い時代になったものだ。さらに、来月頭にスニーカー文庫からも出るし、実質三冊か。ちなみに、このシリーズは綺麗にここで完結。マジで全員倒すのか。


夜蝶の檻】 瀬那和章(メディアワークス文庫) Amazon

再び大人の恋愛を描いたぴりりと酸味の聞いたラブストーリーかと思ったら、ちょっと趣向の違う明治維新が起こらなかった世界のお話とか、これはこれは。

なにかのご縁 2.ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う】 野崎まど(メディアワークス文庫) Amazon

ゆかりくんシリーズの第二弾。野崎さんは、わりと久々になりますよ。