他人事。一切関わりのない事でござんす、てなもんだった。
そう、プロ野球クライマックスシリーズなんて、いつだって参加することに意義がある、ってか意義もなく。長いシーズンで一位になれなかった分際で、二位とか三位とかのくせにクライマックスシリーズで勝っても、別になんも嬉しくも何ともなんや、CSなんかで勝って何が嬉しいねん、そう思ってた時期もありました。


………めっっっちゃ嬉しいわーーーっ!!

ににに、日本シリーズとかむっちゃ行きたいわーーー!!!っ


あかん、優勝してまう!

つおい、つおいでタイガース!!

どないすんねん、えらいこっちゃ!!

優勝や、優勝や、優勝やで、うはーーーっ!!
(フラグ立て)

なんか完全に強いモードに入ってる阪神。気分屋のこのチームは、あかんくなると本当にダメダメになってしまうのですが、たまに覚醒すると尋常じゃなくなるのですが、まさに今尋常じゃないモードに入っちゃってます。どうしたの、いったい?
今日なんて、メッセがキレキレにも関わらず二点も入れられ、完全に負ける流れ。そしてシリーズも勝敗イーブンになって勢いも消えて、そのままアウトの流れだったにも関わらず福留が同点に追いつき、逆転と思われた藤井の当たりを長野がファインプレーで止めて、そこで勢い止まったかと思われたところをさらに今期不安定極まりなかった中継ぎ陣が支えてくれて、挙句にゴメス神です。
阪神の選手にも関わらず、打って欲しいところで打つとか、ありえないありえない。ありえない奇跡を成し遂げるのが神! もはやゴメス神です。もう今後、名前の後に神と付けないと眩しくてマトモにお顔を拝めません。

それでもなお、これから三連敗の恐怖を拭い去れないどころか、ここまできても

ど、どうせあかんのやろ?

と本気で怯えて疑心暗鬼に陥っているのが我が伝統。そして、そっちの期待に見事に応えてしまうのも我がチームの伝統ッ(涙
毎朝黒星をお手玉にして遊ぶ暗黒時代に育った我を見くびるでないぞ。うおお、信じるか、信じてたまるか、殺せ、いっそ殺せぇ。もうあかん、あかんわー、絶対あかんわーー。
どうしても信じて欲しい言うんやったら、明日勝ってみ。そしたらちょっとだけ信じたるわ。ちょとだけな?
なに、明日勝ったら終わり? 優勝? あかんで、油断したらあかんで。優勝し終わってからようやく半分くらい信じたるくらいで、やっとちょうどいい塩梅になるくらい思うとかんと、やってけへんで?



>到着メモ
祓魔科教官(デモンビーター)の補習授業 2.優等生は振り向かない】 すえばしけん(一迅社文庫) Amazon

すえばしさんの原点である【スクランブル・ウィザード】を想起させる、というだけでもエッジの利いた良作の気配プンプン。


 【聖煉の剣姫(ソーディア)と墜ちた竜の帝国 2】 瀬尾つかさ(一迅社文庫) Amazon

あれ? この二巻で打ち切り!? 真面目なのに世間知らずで深刻なシスコンで残念なお馬鹿さんな主人公、面白かったのに。


 【竜騎士の飛槍烈戦(グレイブランス) 2】 藤春都(一迅社文庫) Amazon

竜に騎乗した空中での馬上槍試合(ジョスト)モノ、という位置づけと実戦の兼ね合いをどうするのか興味深かった作品の続編。