やっぱりというか案の定というか、武田に抑えられて打線は冷え冷え。いや、今回も大隣を褒めるべきなんでしょう、これは。打てんよ、あれはー。
せめて大隣が降りた8,9回になんとか出来ればよかったのでしょうけれど、9回に1点返せたのを喜ぶべきか。
藤浪は、毎回ランナーを出しながらも良く粘ってて抑えてたのですが、あの冒頭は鶴岡に止めて欲しかった。少なくとも、3塁で止めないと。2塁ランナーをホームまで返しちゃあかんわ。鶴岡はこれがあるんですよね。どうも、落ちるボールを後ろにそらしてしまう。その後も一回ありましたし。
あと、藤浪が降りたあとの西岡の守備。安藤がきっちり打ちとっていたのに、あのセカンドへの送球はいかんですよ。その後の打者、イ・デホにも完全に打ちとったあたりをポテンヒットされてしまったのも、西岡のミスからの流れですからねえ。安藤は全然責められませんよ。どっちも打ちとってたからなあ。
何れにしても、守備のミスで負けた試合でしたね。二点目さえあんな形で入れられなかったら、藤浪を攻めているにも関わらず点が入らないというソフトバンクには嫌な流れになっていただけに、徐々に球数が多くなっていた大隣にも、プレッシャーを掛けられたはずなのに、あの二点目で流れが固まっちゃったからなあ。


>到着メモ
絶対城先輩の妖怪学講座 5】 峰守ひろかず(メディアワークス文庫) Amazon


C.S.T. 2 情報通信保安庁警備部】 十三湊(メディアワークス文庫) Amazon


今すぐ辞めたいアルスマギカ】 氷高悠<第26回ファンタジア大賞・銀賞>(富士見ファンタジア文庫) Amazon


【まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」12】 石田あきら/橙乃ままれ(カドカワコミックスA) Amazon