甲子園、帰ってこれなかったかぁ。
案の定、打線が完全に沈黙してしまいました。二戦目で武田に抑えられた時に、これはマズイ! と思ったものですが、こういう時の予感は外れませんねッ。
分水嶺はこの第二戦、それもそれぞれの一番バッター西岡と柳田の1打席目だったのかもしれません。その後の柳田の活躍と、西岡の守備走塁や打撃判断のミスの連発はシリーズを象徴するようなものでしたし。
西岡に限らず、阪神サイドは記録に残る残らないに関わらず、細かいミスが続出してしまったのが痛かったです。
投手陣が概ね試合を作っていたにも関わらず、この結果だとねえ。武田大隣はまあ無理でしたけれど、中田を崩せなかったのは痛かった。ラストのサファテもね。向こうがバタバタしているにも関わらず、それを突けないという時点で優勝は無理だったろうなあ。

さて、そんな苦しかった日本シリーズの中で大奮闘していたのが大和でしょう。打つ方は確かにさっぱりでしたけれど、守備の方は神がかってた。ってか、たった一人で大和ってこのシリーズ何点防いだ? 並みの選手が一生に一回あるか、というようなスーパーダイビングキャッチを2回3回と成功させ、試合を決定づけるような当たりを打球の落下地点まで一直線に突っ走って捕球してしまうというスーパープレイの数々。間違いなく阪神サイドでのMVPは大和でした。
セリーグのセンターに大和あり! というのを、十分見せつけてくれたんじゃないかと。ってか、シーズン中よりも明らかにキレキレだったんじゃないだろうかしら。このレベルだったら、ゴールデングラブ賞も余裕ですのよ。