行かない、というのは無視されても構わない、という意思表示に他ならないのにね。何の影響も及ぼさない相手に、いったい何の気を遣うというのか。
支持される、というのはされた人にとって「だから好き放題出来る」と捉えるものでは案外と、無い。それはある意味圧力ともなり、支持された側は支持してきた人たちを常に意識することになる。少なくとも、無視も蔑ろにも中々に出来ないものなのだ。選択肢が無い、結局何も変わらないと選挙に行かないのは、先々において選択肢を増やす、或いは何かを変えるための影響力を蓄えていく努力を放棄しているのではなかろうか。
まあ、民主党時代のあの先行き真っ暗の腐っていくような絶望感を思うと、軽々と動く気にならないというのもわかるのですが。


【ログ・ホライズン 第2期 11話】
第二期シリーズの中では屈指の回だったんじゃないだろうか。なんだろう、今回に関してはデミに内面を語らせない事が無言の雄弁となって、物語ることに成功していたように見える。
言葉による解ではなく、感として伝わるものがあった。
まあ、あんな嫁さんがいる時点で、シロエやウィリアムたちに負けた負けた、などと言われても、「ああ?」としか思わんですけどね! ってか、デミの嫁さん、デザインが可愛すぎでしょう。もろに好みドストライクなんですけど。完全に勝ち組じゃないか!



湘南の波来てる!?
あれだけショウナンマイティ、勝てなかったのに。今年に入って、ショウナンパンドラが勝ったと思ったら今度はアデラですよ。レッツゴードンキが勝った、と思った瞬間、まるで他馬と違う次元の脚色ですっ飛んできて、全部ぶった切っていったレース内容には呆然と自失するほかなかった。勿論、レッツゴードンキを単の頭から買っていたからなのだが!
ロカの出遅れがひどかったのでそちらばかり目立ってたけれど、さりげなくアデラも出遅れてたんですよね。決してレース運びも順調じゃなかったと思うんだが、凄かったなあ。ディープ産駒はやっぱり侮れん。


>到着メモ
 【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)6】 海空りく(GA文庫) Amazon

なんか、どの選手も強烈な個性があって、マジで天下一武道会みたいなノリになってきたぞw

 【アルケミストの終焉創造術(ニルヴァーナ)3】 森田季節(GA文庫) Amazon


 【ガンソード.EXE 異能の騎士と忘却の少女】 北川まんた<第6回GA文庫大賞・優秀賞>(GA文庫) Amazon