【異能バトルは日常系のなかで 第10話「迷路<プールズラビリンス>」】
これ見てると、安藤は普通にお買い得物件なんだよなあ。姉ちゃんに仕立てられてるとはいえ、着こなしもちゃんとしているし、女の子と遊んでいてあれだけストレスを感じさせない、ちゃんと楽しませる事の出来る男は希少品ですよ?
しかし、この調子だと千冬ちゃんに関しては、安藤は幼いころの素敵な恋の思い出の相手、になりそうだなあ。個人的には下手くそな灯夜よりも、不器用な彩弓さんを応援したい。
ところで、同じGA文庫の【聖剣使いの禁呪詠唱】をさり気なく宣伝してるんだけれど、宣伝するならアニメ制作もTRIGGERでやってくれればいいのに、と思ってしまう。


【魔弾の王と戦姫 第10話「オルメア会戦」】
ミラが煽る煽る(笑
いやでも、疲れ果てて目の前で寝てしまったティグルに添い寝して一緒になって寝てしまうミラは本当に可愛らしかった。アニメだと、彼女の女の子としての部分がいい意味で引き出されてて、うんこれはファンが増えるだろうなあ。
肝心のオルメア会戦も、相手の赤髭がまた良いキャラしているお陰で、最後まで引き締まった激闘となっていたように思う。出来る範囲での最大限の演出表現を引っ張りだしてるんじゃないだろうか。
原作だとしばらくミラの出番が遠ざかっているので、アニメでミラ分を補充できて至福であるw


【「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#10】
いやあ、やっぱり葛木先生カッコイイわ。この人の戦闘スタイルには、原作やった時も驚かされ、痺れたものだけれど。
それとセイバー、あのマフラーの私服姿で剣持った姿、カッコイイよなあ。


【結城友奈は勇者である 第10話「愛情の絆」】
ひぎゃーーー、東郷さんがアグレッシブに絶望してしまったーーっ!!
いやでも、これは無理ないぞ。世界の置かれた絶望的な状況が想像の斜め上だった。こんなんもうあかんやん。どないしようもないやん!! 
正直、東郷さんの家に大金が振り込まれてるというのは、生々しすぎて震えた。娘が贄として働くたびに金貰ってるとか……、いやでもそれで両親が単に娘を売って後ろめたさを感じながらもお金貰ってほくそ笑んでる、くらいだったらまだいいのかもしれない。心底、娘が神樹さまの巫女として贄になっていくことを喜んでいるのだとしたら……。
これだけの絶望的な状況に世界が置かれているのだと、大赦が把握しているとなると、もう今更日和る部分なんかないだろう。宗教的な盲信に傾倒していなければ、正気じゃ居られないよ、これは。
そして神樹様は真の意味で人類の庇護者だったわけだ。神樹さまの立場からすると、この東郷さんの所業は、一体なにしてんねん人間!?てなもんになるんだろうなあ。どうも、思惑あって私利的に人類を守っているのではなく、あくまで神として慈悲をもって身を切って絶滅寸前の人類を庇護していて、それでも力足りない部分を人類側からの供給で凌いでる、それが勇者システム、てな感じだし。
それが、人類側からいきなり自死行為を始められた日には、神樹様としては人類に裏切られたようなものと思われても仕方ない。
でも、人類総体ではない、勇者個人個人からすると、置かれた状況は死よりも辛い地獄そのものであるわけで、発狂しても仕方なく……。ヤバい、これはマジで救いがどこにもないぞ。


【selector spread WIXOSS 第10話「このぬくもりは限界」】
リアル・イオナが現れて、じゃあルリグになってる黒のイオナは紛らわしいので別の名前をつけよう、という話になって、つけた名前が、黒イオナは雪が好きだというので「ユキ」って、ルー子、名前の付け方がひどくないか!? そういえば、白の子にタマって名前つけたのもルー子だったか? ペットの猫に名前つけるんじゃないんだから。あのシーンは、普通に「スノウ」とか雪とか冬に因んだ名前をつけるのかと思い込んでたので、「ユキ」とか言い出した時にはマジでひっくり返ったw
いやでも、話の方は相変わらず緊迫感たっぷりに二転三転して、本当に面白い。ここでついに、満を持してハナヨさんに会いに行く展開には、正直ワクワクしっぱなしである。