まさか二週連続続けて出走馬唯一のディープ産駒に鞍上蛯名騎手なんてことになるとは。
まあ一番人気ではあったのですが。
今回は馬場状態が前日の大雨で最悪に近いものがあり、道悪巧者というのをターゲットに狙う思考に落ち着いたのですが……スポーツ紙や予想系サイトを見て回って得た情報を元にすると、概ねどの馬も「道悪大丈夫だよ!」となってしまうんですけど、これなんなんですかね!
血統的に見て大丈夫、父馬の産駒の傾向から大丈夫、体型や走り方からして大丈夫、調教で雨でも嫌がってなかったから大丈夫。それぞれ適当にぶっこいているわけじゃなく、相応に根拠をもって言っているのがなお質が悪いw
結局、何を参考にするかは、自分なりの根拠と感覚次第なんだよなあ。


>到着メモ
棺姫のチャイカ XI】 榊一郎(富士見ファンタジア文庫) Amazon

チャイカシリーズもこれにて完結。既にアニメとは話の筋が変わっているので、どう決着するのか楽しみ! と、コメントを残すつもりだったのが、実はもうたまらず読んじゃってたり……ちょっ、確かに本編終わったけれど、もうちょっと続くんじゃよ!じゃないか! 終わってない、これエピローグやってくれないと終わってないから!w
というわけで、もう一冊、短篇集がある模様。


スカイ・ワールド 9】 瀬尾つかさ(富士見ファンタジア文庫) Amazon

あらすじからして、ギスギスした内容が伝わってくるのだが、この巻で挽回できるんだろうか。


赫竜王(イグニス)の盟約騎士 3】 手島史詞(一迅社文庫) Amazon

これ誰かと思ったら、咲夜なのか。こうしてピンで立つと色っぽいというか凛としているというか。これ、妹キャラじゃなくて、姉キャラですよね、見た目容姿はw


 【勇者よ、魔王にデレるとは情けない!】 高尾瑞夫(一迅社文庫) Amazon
エロコメ、でいいのか?


【狼と香辛料 11】 小梅けいと/支倉凍砂(電撃コミックス) Amazon

相変わらず、コミカライズの傑作。今回のエーブの描き方には痺れ切った。あの女狼の心情を、もしかしたら原作に雄弁に描き切ったのかもしれない、これ。