あかん、セイバーが可愛すぎるw なんか色々と察してしまった凛が強引に引っ張っての三人デート。くるくると表情を替えて、士郎をからかいコロコロと笑う凛も無茶苦茶魅力的なんだけれど、その脇でハラペコを全開にしているセイバーが喰うわ喰うわ、ひたすら喰うわw
でも、食べ物だけ与えられて放っておかれているわけではなく、きっちり女の子同士のお買い物的なやりとりを凛としていたり、と普通の年頃の女の子みたいな反応をいちいち見せてくれて、可愛いこと可愛いこと。なにこの女の子w
うん、やっぱりセイバーって本人のルートよりも凛のUBWの方が凄くピチピチしてる女の子らしい可愛さが見えて好きだわあ。本人のルートだと、どうしても騎士王としての生き様に囚われてるからなあ。
後半はキャスターさんの大盤振る舞い。前回の聖杯戦争でのマスターたちやサーヴァントたちの容赦の無い外道っぷり、下衆っぷりを見ていると、実はキャスターさんってかなり甘々で悪い人になりきれない部分が透けて見えるんですよね。神父がざっくり速攻で解体しようとしていましたけれど、どうしても悪逆非道になりきれない。
そもそも、街の人間から魔力を吸い上げるのだって、なるべく命を奪わないように気をつけてるし、人質にした藤ねえだって、ちゃんと返してあげるあたり、いい人すぎる。普通、士郎が言うこと聞かない時点で多少傷つけて脅してもおかしくないし、攻撃してきた時点でクピッと藤ねえ殺っちゃってもおかしくなかったのに、ちゃんと無傷で返すあたり、本当に……。まあ、そういうところがキャスターさんの根強い人気の元なんでしょうけれど。

最終回も贅沢に放映時間は二回分。50分近いと、見終えたあとの満足感が半端ないです。前半の一期でこれだけのものを魅せられてしまうと、ホント、聖杯戦争本番の第二期がどれほどのものになるか楽しみで楽しみで……。


【Amazon.co.jp限定】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I(メーカー早期予約特典:武内崇描き下ろしイラストA3タペストリー付)(描き下ろしB1布ポスター、CDサイズスチールケース付)(完全生産限定版)
B00OR59DEI