【SHIROBAKO 第12話】

うおおお、これは燃える展開だ。杉江さんがかっこよくてシビれるのなんの。眠っていた獅子が起きた、とでも言うのかこれは。既にロートルだと思われていたベテランが、社の危機にその真価を発揮する、という展開大好きですわー。しかも、今まで主力を担ってきた面々が、杉江さんが出張るならとそのサポートに回るという、知る人が見るならオールスター体制。うん、これは盛り上がる。
しかし、これも宮森が走り回った末の事ですし、宮森が頼まなければ杉江さんも、杉江さんの実力を知る周りの人達も遠慮して仕事を受けることも振る事もなかったのでしょうし、これは宮森のお手柄だわなあ。
杉江さんを中心として、若手連中が積極的にその技術を学ぼうと貪欲になり、輪が出来て士気があがる。うんうん、素晴らしい雰囲気だ。
エリカさんも、お父さん大丈夫で戻ってきてくれたし。アニメは見事最終話まで完成して、ハッピーエンド。うーん、面白かった。
正直、内容的には胃をすり減らすような展開続きだったはずなんだけれど、見ててこっちまで磨り減るようなことはなくて、ただただ引き込まれるような面白さでした。これは何気に凄いよねえ。
二期も本当に楽しみ。



【グリザイアの果実】
やばい、終わったあとの次回予告からのグリザイアの迷宮、楽園のアニメ化予告には燃えた!!
いやあ、物凄い内容端折っているにも関わらず、だからこそ原作をやってみたい、と思わせてくれるアニメでした……迷宮、アニメ放映前にやります。買ってプレイします。します! やらいでか!


【トリニティセブン】
終始ゆるゆるの、バトルになってもスットボケた雰囲気なのは原作からで、サイトウケンジ作品の特徴でもあるんですけれど、うんこれがいいのよ好きなのよ。原作に非常に忠実という意味では、大変満足でありました。ミラ分を堪能できましたからねえ。……あれ? 忍者剥いたっけ? 


【神撃のバハムート GENESIS】
最終話の作画、もうなんか劇場版のクライマックスか、という勢いだったんですが。
いやもうこれ、予想外の良作でした。最後まで話ビシッと引き締まってて、引きこまれたもんなあ。ファバロをはじめとしたキャラクターも、最初は小悪党すぎてコイツどうよ、という感じだったのに、どんどん魅力的になってきて、最後に至っては痛快極まる主人公でしたし。アフロなのに。アフロなのにw


【魔弾の王と戦姫】
最後、チラッとオルガの顔見せくらいはあるかと思ってたのですが、結局登場せず、まさにOPだけしか居ませんでしたね(苦笑
でも、無理やり出されるよりは良かったかも。彼女がOPに映ってた時は、どうやって12話でオルガ登場のところまで話進めるんだろう、と真剣に危うんだものですが。
しかし、大幅に話を削ってほぼダイジェスト版で進めなくてはならなかったのは、やはり痛恨ではなかったかと。ぶっちゃけ、12話で原作の5巻まで描く、という無理な進行に関して以外、スタッフのお仕事に不満らしい不満は殆どなかったですからね。いや、ティグルの弓の腕の見せ方についてはもう少し何か良い発想はなかったのか、と思う部分もありましたけれど。だいたい、丁寧に作られてましたからね。もう少し話をゆっくり出来たなら、どれくらいの作品が出来たか。勿体無いなあ。
あと、リムのデレっぷりがあんまり見れなかったのもちと残念。ある意味ティッタと同レベルでデレてたのに。かなりマジで周りからもティグルの嫁候補にあがってたもんなあ。しかも、本人まんざらじゃなさそうだったしw
まあ、ミラを堪能できたからそれなりに満足です。