今日はもう肉体的に疲れ果ててたんで、アウトプットする出力が無くて、帰宅してからひたすら寝る食べる読む寝る、と言った感じでグデグデと過ごして、ようやく風呂入ってちょっと復帰して今これ書いてます。
そろそろなー、ほんと若くないんですよねえ。十代二十代の頃ってどんなだったっけか。
阪神大震災の二十周年が近づいてきて、二十年前の事をよく取りざたされるようになってきて、思い馳せることが度々あります。……昔から体力というか生活持久力もなかったけど。



【アブソリュート・デュオ 第1話】
原作のライトノベルは未読。OPは剣舞が凄く動いて映えてて好き。うん、これは好きだなあ。内容的にもキャラ的にも特筆するべき所はあまりなく、ぶっちゃけ原作力はあまり強くないと思うんだけれど、アニメとしてはなかなかおもしろかったんですよね。演出とかキャラの動かし方が意外なほど上手いというか締める所締めてるというか、うん、面白い。これはスタッフに恵まれた作品なんじゃないだろうか。視聴継続。


【アルドノア・ゼロ 13話】
第二期スタート。あの衝撃的な第一期のラストのあとがどうなったか、というのをもったいぶらずに見せてくれたのは良かった。さすがにあんまり引っ張られると逆に冷めちゃいますもんね。スレインくんは、腹括って思想がどうの出身がどうの、それどころか姫の気持ちもどうのとかもうっちゃって、アセイラム姫の命を守る事に徹することにした結果が今の状態、みたいな感じか。若干、線切れちゃってる節もあって危なっかしい所もあるんだけれど。それに、結果としてだけれど傍目には、というか伊奈帆から見るとスレインは姫を利用しようとしている奴、という認識をより強固にするような状態なんだよなあ、これ。
ザーツバルム伯まで生きてたのは意外だったけれど、あの独白を聞いてしまうと失われるには惜しいキャラだっただけに、生き残ってくれたのは嬉しい限りだけれど、この人今どういうつもりで動いてるんだろう。一期と全く同じ、とも思い難いし。
一方的に思われた地球と火星との戦争だけれど、意外と善戦している地域もあるのか、これ?

伊奈帆くんはなんか自身が魔改造されてるんだけれど、なんか凄いなw


【探偵歌劇 ミルキィホームズ TD】
ちょっ、警察のD4がD1になってるよ! ココロちゃん意外番組的にリストラかよ! お陰でココロちゃんのボッチ感が物凄いことにw
かなり初期のカオス感が戻ってきているのは確かだけれど、さすがにあのレベルの「狂気」を感じるまでにはまだ至ってないなあ……至ってしまうとそれはそれで恐ろしいのだけれど。
しかし、未だかつて「伏線」という張り紙がはられた伏線があっただろうかw


【蒼穹のファフナー EXODUS】
うわぁ、蒼穹のファフナーの新作ってどういう話になるのかと思ったら、そのまま数年後という設定かよ! それはそれで嬉しいけれど、また彼らを戦わせるのかという苦しさも感じる複雑な気分。
しかし、みんな大人になったんだなあ。さくらが先生やってるのには驚いたんだけれど、まだ二十歳なってないよね、彼ら。確認したら、最初のシリーズが14歳で今度のシリーズがその4年後ということなんで、まだ十八なのか。若いとは言っても、それぞれみんな各分野で働いていて、落ち着きのある大人の風情になってるんだよなあ。カノンがいい意味で美人になってて、なんともニヤニヤ。
しかしフェストゥム、昔みたいに敵対一辺倒じゃなくて、共生を選択してるようなのもいるのか。ある意味そこが希望の突破口となりえるのか。


>到着メモ
【まのわ 2】 紫炎(このライトノベルがすごい!文庫) Amazon

宝島社さまからいただきました、ありがとうございます。
ネット発の小説の傾向なんだけれど、だいたい出足は遅いけれど小慣れてきたこの辺りから物語的にもキャラ的にも動き出す感じなのか。