以下に収納


サンデー

【湯神くんには友達がいない】
これだけ酷い噂が流れているにもかかわらず、一顧だにしない湯神くん。ガチで相手にしていない、というのはこういうのを言うのか。孤独耐性強いなあ、というか彼の場合一人だ集団だという括りにまったく意味を見出していないのか。確かにすごいけれど、相手にされない人からすると、いやとんだ迷惑かけられたにも関わらず、相手にされなかった身からするといっぺん奥歯ガタガタ言わせたくなるよなあ、これ。


【だがしかし】
真夏に狭い段ボール箱の中に身を寄せ合って隠れるシチュエーションなのに、なのに!!! いや、でもほたるさんのオパーイにちゃんと肘を当てているあたりが好印象w


【絶対可憐チルドレン】
ちょっ、松風くん実際有能! ここまで的確な戦術指揮は皆本でもそんなに頻繁にはしてないよ?
でも、頭真っ白になった直後にこれだけ的確な戦術が出てくるというのはどうなんだろう。一旦真っ白になったからこそ、パニックをリセット出来たともとれるし……。
って、ラストはあかん、それはあかーーん!! 皆本、賢木、兵部の三人がこんなに切迫した深刻な顔つきになったのはこの漫画史上でも滅多ないぞw


【天使とアクト!!】
実力で落とされるのは仕方ないにしても、不可抗力で遅刻になって落とされる、というのは納得がいかない、にしてもその為に自分がオーディションで演技引っ張ろうと決意するあたり、アクトの性格の根っこが出てるよなあ。いや、カッコイイよ。


【トキワ来たれり!!】
既に、全員から信頼度マックスなんだよなあ、トキワ。これも無力だからこそ、とも言えるんだけれど、彼自身が強くなる、というのはあんまり期待していない。
しかし、リインのドジっ子ボクっ子はいいなあ。

【BE BLUES!〜青になれ〜】
プリンスリーグとかあるのかあ。サッカーの高校生での試合の組まれ方とか知らないのよね。
先生、もちろん監督として信頼されているだろうとは思っていたけれど、それ以上にあの人の為に、と子どもたちから思われるくらい慕われてたのね。いや、当然だな。昨今でも屈指の素晴らしい指導者だし。
で、こっからが桜庭リベンジ編となるのか。

マガジン

【FAIRY TAIL】
あれ? ナツがゼレフの弟だったとか、今まで情報出てたっけ? かなり今回核心に至るゼレフの過去話だったんですが。
ガジルが評議会員というのは似合わないようで、案外真面目なだけに合ってるんじゃなかろうか。
あと、ローグはまだ引っ張るのか。なんか影が変になってたし。


【ベイビーステップ】
いや、実際すごいよ。タクマのサーブを見事に読んでリターンキメたにも関わらず、審判のミスでフォルトにされてやりなおし、って試合も最終局面に入っている中で絶対がっくり来るはずなのに。1ポイント逃したにも関わらず、セカンドサーブだからチャンス! と前向きに捉えなおせるとか、どんなメンタリティーなんだか。
そう、ことエーちゃんに関しては集中力がキレるとか、心が折れるということが絶対ないんですよね。無いよ。だって、あの神がかったタクマの状態にメタメタにやられたときでも、折れなかったんだから。
だから、タクマの短期決戦指向は間違いじゃないはず。でも、これがどちらに傾くのか。此処に来て、またタクマがゾーンっぽいところに入ったっぽいしなあ。


【ACMA:GAME】
このゲームは面白いなあ。いやね、週刊誌だとどうしてもややこしいルールだと内容覚えきれなくてついていけなくなるんだけれど、この漫画のゲームは極々シンプルなルールでありながら、実にあれこれとひねった心理戦を描写してくれるので、実に面白い。
今回のゲームだって、テレビのクイズ番組にあるようなものなんだけれど、名人の妨害ターンなんか、思わずホウと唸る絶妙さでしたし。


【UQ HOLDER!】
あれ? なんかやっぱりエヴァの時だけ時間軸ずれてる? この時だけ実際に過去に紛れ込んでるような雰囲気だぞ。でも、刀太との出会いがきっかけで面影のあるナギに惹かれたとかだったらなんかやだなあ。