月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫などは来月送り。


読んだ本の数:41冊 うち漫画:16冊

うわぁ、6月全然読めてないよ! わりと冊数読んだつもりになってたら、漫画が多かっただけだった。
原因はわかっていて、うん【境界線上のホライゾン】を、あの殺人的分厚さの本を思わず出来心から二冊続けて読んでしまったからですねw あれで色々としばらく力尽きてましたからw
ただそれ以外にも全般的に読む気力が足りてなかった部分もあるのだけれど、その分読む本を美味しそうなのばかり選んだからか、6月は読書数に対して高い評価の作品が連なった感じである。
【ダンまち】はもう言わずもがな。これはねー、人気になるだけの実がちゃんとあるのだと実感出来るのがこの5巻だと想うのですよ。
新シリーズとしては綾里さんの【ヴィランズテイル】、問題児シリーズの第二部【ラストエンブリオ】が初っ端からキレッキレで掴みとしてはこれ以上ないスタート。新人作品では【乙女な王子と魔獣騎士】が先々楽しみな手応えがあってよかったんですねえ。
逆にラストの大盛り上がりを見せていたのが【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン】と【東京ストレイ・ウィザーズ】、特にストレイウィザーズの方はここで終わるのが勿体ないと歯噛みさせられる色彩豊かな物語でありキャラであり。
【異世界から帰ったら江戸なのである】は二巻に入ってさらにこちらのドストライクをつくないようで。まさかの続編となった【王女コクランと願いの悪魔】は期待に違わぬ、どころかそれを遥かに上回るドラマティックな展開に、もう色々と辛抱たまらん状態ですよッ。


★★★★★(五ツ星) 2冊

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5】 大森藤ノ/ヤスダスズヒト GA文庫
異世界から帰ったら江戸なのである 第弍巻】 左高例/ユウナラ エンターブレイン


【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5】 大森藤ノ/ヤスダスズヒト GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
ミノタウロス戦をスタート地点と見立てるならば、最初のピークはここなのでしょう。作品そのものが、ここから加速を始めていく。その盛り上がりたるや、すさまじいの一言でテンション爆上げ。


【異世界から帰ったら江戸なのである 第弍巻】 左高例/ユウナラ エンターブレイン

Amazon
感想はこちら
ひたすら呑んで食べて遊んで騒いで、楽しさの尽きることのない大江戸ハッピーライフ。もう好きすぎてたまらんシリーズなのです。



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 5冊

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 3.セカンド・スクワッド・ジャム (下)】 時雨沢恵一/黒星紅白 電撃文庫
ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫】 綾里けいし/リラル ファミ通文庫
東京ストレイ・ウィザーズ 3】 中谷栄太/Riv GA文庫
ラストエンブリオ 1.問題児の帰還】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫
王女コクランと願いの悪魔 2】 入江君人/カズアキ 富士見L文庫

【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 3.セカンド・スクワッド・ジャム (下)】 時雨沢恵一/黒星紅白 電撃文庫

Amazon
感想はこちら
撃って撃って撃ちまくる、楽しい楽しい弾幕戦(実弾)。とびっきりのガールズファイトで、ありました。力の限り、遊びきったぜ堪能したぜ。


【ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫】 綾里けいし/リラル ファミ通文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
綾里けいしは健在なりや。【B.A.D.】シリーズが終わっても、新たなシリーズでその筆の鋭さはいささかも衰えず。これは異形の物語でも怪物の物語でもなく、ただただ人間の物語。おぞましい人間の物語、しかしだからこそ美しい人間の物語。


【東京ストレイ・ウィザーズ 3】 中谷栄太/Riv GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
実質打ち切りとなったが故に放出する設定や展開をつめ込まざるを得なくなる、という厳しい状況を、逆に「畳み掛けるような手に汗握る息もつかせぬ怒涛の展開」へと昇華せしめてみせた、作者の腕前がうかがい知れる大盛り上がり。だからこそ、勿体無くてここで終わるのが悔しい作品。


【ラストエンブリオ 1.問題児の帰還】 竜ノ湖太郎/ももこ 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
装いもタイトルも新たに再スタートとなった新シリーズは、初っ端からスケール感振り切りでお送りしております。こと「世界観」だけでこれほど自分を魅了してくれる作品はない上に、そこからさらに燃える燃えるの重ね塗り。そりゃあ面白いったらありゃしない。


【王女コクランと願いの悪魔 2】 入江君人/カズアキ 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
「めでたしめでたし」で終わったハッピーエンドのその先に続き、はじまる物語。人になった、人になってしまった王女と悪魔の真実の愛の物語。はじめて生きたいと願ったコクランの、それ故の踏み外していく姿のなんと壮絶なことか。色んな意味でスペシャルである。


★★★★(四ツ星) 3冊

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2】 大森藤ノ/はいむらきよたか GA文庫
乙女な王子と魔獣騎士】 柊遊馬/久杉トク 電撃文庫
甘城ブリリアントパーク 6】 賀東招二/なかじまゆか 富士見ファンタジア文庫

【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2】 大森藤ノ/はいむらきよたか GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【乙女な王子と魔獣騎士】 柊遊馬/久杉トク 電撃文庫

Amazon
感想はこちら


【甘城ブリリアントパーク 6】 賀東招二/なかじまゆか 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


今月のピックアップ・キャラクター

アイーシャ夫人 (カンピオーネ!)
ベル・クラネル ( ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)
リュー・リオン ( ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)
九郎 (異世界から帰ったら江戸なのである)
鳥山石燕 (異世界から帰ったら江戸なのである)
録山晃之介 (異世界から帰ったら江戸なのである)
フカ次郎/美優 (ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン)
ジュダ (乙女な王子と魔獣騎士)
冷泉 (GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン)
ミリアム・ポークウ (GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン)
式条丹 (ヴァリアント・エクスペリメント)
白咲初姫 (ヴィランズテイル)
有坂有哉 (ヴィランズテイル)
アムリタ (東京ストレイ・ウィザーズ )
久藤彩鳥 (ラストエンブリオ)
コクラン (王女コクランと願いの悪魔)




以下に、読書メーター読録と一言感想。



2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:41冊
読んだページ数:11891ページ
ナイス数:38ナイス

血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)
読了日:6月1日 著者:内藤泰弘
カンピオーネ! 18 (ダッシュエックス文庫)カンピオーネ! 18 (ダッシュエックス文庫)
読了日:6月1日 著者:丈月城
魔装学園H×H (5) (角川スニーカー文庫)魔装学園H×H (5) (角川スニーカー文庫)
読了日:6月2日 著者:久慈マサムネ
血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)血界戦線 2 世界と世界のゲーム (ジャンプコミックス)
読了日:6月3日 著者:内藤泰弘
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5 (GA文庫)
読了日:6月3日 著者:大森藤ノ
血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)
読了日:6月4日 著者:内藤泰弘
異世界から帰ったら江戸なのである 第弍巻異世界から帰ったら江戸なのである 第弍巻感想
ほんとに全編に渡って酒ばっかり飲んでるなあ、この連中(笑 鳥山石燕の正体云々かんぬんはウェブ連載では最近触れられはじめたネタのはずだけれど、けっこう加筆多いのよね。晃之介の好青年っぷりは毎度ながら素晴らしい。あと、玉菊の可愛さはちょっとなめてた。これなら男でもありじゃない、というレベル。
読了日:6月6日 著者:左高例
はぐれアイドル地獄変 (1) (ニチブンコミックス)はぐれアイドル地獄変 (1) (ニチブンコミックス)
読了日:6月10日 著者:高遠るい
血界戦線 4 ―拳客のエデン― (ジャンプコミックス)血界戦線 4 ―拳客のエデン― (ジャンプコミックス)
読了日:6月10日 著者:内藤泰弘
血界戦線 5 Zの一番長い日 (ジャンプコミックス)血界戦線 5 Zの一番長い日 (ジャンプコミックス)
読了日:6月10日 著者:内藤泰弘
うちの居候が世界を掌握している!11 (GA文庫)うちの居候が世界を掌握している!11 (GA文庫)感想
いっそ私怨をそのまま前面に押し出してくれた方が同情は引けただろうに。無理に科学文明否定の自然回帰を標榜されても、何言ってんだとしか思えず新キャラにはあまりいい印象が得られなかった。桃香推し回なんだろうけれど、自分この娘の自分の理解できる範疇でしか理解しようとしないスタンスはあまり好きじゃないんですよね。世界を広げのばそうとしている娘たちに対して、ズルいという感覚がある。
読了日:6月10日 著者:七条剛
夜蝶の檻 (メディアワークス文庫)夜蝶の檻 (メディアワークス文庫)
読了日:6月10日 著者:瀬那和章
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 (GA文庫)感想
アイスもまた強さを渇望しているけれど、純性にして陽性であるベルくんのそれに対してこの娘のはけっこうドロドロしてたんだなあ。だからこそ、アイズはアイズでベルくんに惹かれるものがあるのかー。昔から(ウェブ版の頃から)自分はアイズ派なんだけれど、彼女のこの方向性はすごく好みなので、増す増す好きになった。ってか、すごく可愛くないですか、アイズさん。
読了日:6月11日 著者:大森藤ノ
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (3) ―セカンド・スクワッド・ジャム (下)― (電撃文庫)ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (3) ―セカンド・スクワッド・ジャム (下)― (電撃文庫)
読了日:6月12日 著者:時雨沢恵一
乙女な王子と魔獣騎士 (電撃文庫)乙女な王子と魔獣騎士 (電撃文庫)感想
面白い。この手の主人公としては珍しく、自分の気持に素直なんですよね。復讐は忘れてなくても、囚われてはいない。感情的ではあっても、自分に嘘はつかないから、自分の中の優先順位を間違わない。だからか、読んでても痒いところに手が届く感じ。
読了日:6月13日 著者:柊遊馬
お前は俺を殺す気か 2お前は俺を殺す気か 2
読了日:6月13日 著者:シギサワカヤ
僕とドSと腐女子と脳筋 (MF文庫J)僕とドSと腐女子と脳筋 (MF文庫J)
読了日:6月15日 著者:新見聖
アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》4 (GA文庫)
読了日:6月15日 著者:森田季節
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)
読了日:6月16日 著者:川上稔
夢喰いメリー (14) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)夢喰いメリー (14) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
読了日:6月17日 著者:牛木義隆
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)下 (電撃文庫)GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)下 (電撃文庫)
読了日:6月18日 著者:川上稔
ナイトウィザード The 3rd Edition リプレイ 壊れた世界の聖約(3) 陽炎のように (ファミ通文庫)ナイトウィザード The 3rd Edition リプレイ 壊れた世界の聖約(3) 陽炎のように (ファミ通文庫)
読了日:6月20日 著者:菊池たけし,F.E.A.R.
魔弾の王と戦姫 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)魔弾の王と戦姫 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:6月20日 著者:柳井伸彦,川口士
S.I.R.E.N. (5) ‐次世代新生物統合研究特区‐ (富士見ファンタジア文庫)S.I.R.E.N. (5) ‐次世代新生物統合研究特区‐ (富士見ファンタジア文庫)
読了日:6月21日 著者:細音啓
ヴァリアント・エクスペリメント (C・NOVELSファンタジア)ヴァリアント・エクスペリメント (C・NOVELSファンタジア)
読了日:6月21日 著者:あやめゆう
ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫 (ファミ通文庫)ヴィランズテイル 有坂有哉と食べられたがりの白咲初姫 (ファミ通文庫)感想
闇を覗きこんだつもりが、それは闇よりもなおおぞましい深淵だった。まだ本物の怪物であった方がマシだったのだろう。人間怖い。人間怖い。
読了日:6月24日 著者:綾里けいし
Wizard's Soul 2 ~恋の聖戦(ジハード)~ (MFコミックス フラッパーシリーズ)Wizard's Soul 2 ~恋の聖戦(ジハード)~ (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:6月24日 著者:秋★枝
赫竜王の盟約騎士4 (一迅社文庫)赫竜王の盟約騎士4 (一迅社文庫)
読了日:6月24日 著者:手島史詞
魔学の覇王と科法の銃姫 (MF文庫J)魔学の覇王と科法の銃姫 (MF文庫J)感想
統計学ですらオカルト扱いなのか。基礎学問も排されてるのに、文明は現代レベル。ちょっと科学と魔学、単純にひっくり返しただけに見えるなあ。
読了日:6月24日 著者:きなこもちづき
甘城ブリリアントパーク (6) (富士見ファンタジア文庫)甘城ブリリアントパーク (6) (富士見ファンタジア文庫)
読了日:6月24日 著者:賀東招二
血界戦線 6 人狼大作戦 (ジャンプコミックス)血界戦線 6 人狼大作戦 (ジャンプコミックス)
読了日:6月25日 著者:内藤泰弘
諸事万端相談所まるなげ堂の事件簿 (富士見L文庫)諸事万端相談所まるなげ堂の事件簿 (富士見L文庫)感想
主人公には漠然とした方向性はあっても、確固たる目的や信念があるわけではない。だが、無い方が、漠然として曖昧である方がこの場合はいいのだろう。清濁の濁が多すぎる汚れ仕事なまるなげ堂では、確固たるものがあればどこかで絶対に衝突し破綻する。汚いものの中で、しかし方向性は見失わずに望むべきもの、良かった探しが出来るなら、こぼれ落ちていくものをわずかでも救うことに意義を感じられているようなら、それはそれで折り合えているのだろう。
読了日:6月25日 著者:阿澄森羅
DEATHTOPIA(4) (イブニングKC)DEATHTOPIA(4) (イブニングKC)
読了日:6月26日 著者:山田恵庸
城下町のダンデライオン (1) (まんがタイムKRコミックス)城下町のダンデライオン (1) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:6月28日 著者:春日歩
7SEEDS 29 (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS 29 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:6月28日 著者:田村由美
東京ストレイ・ウィザーズ 3 (GA文庫)東京ストレイ・ウィザーズ 3 (GA文庫)感想
面白かった。正直、かなり捲いてるはずでそういう場合、出す予定だったネタを消化していくだけの展開になりがちなんだけれど、それをむしろ畳み掛けるような怒涛の展開へと昇華していて、素晴らしく盛り上がったんじゃないだろうか。このラストまでのノンストップのドライブ感はワクワクさせられた。それだけに、もっと見続けたいシリーズでしたが。みんなキャラも立ってたしなあ。キレ宮子さんといい、デレメルといい。
読了日:6月29日 著者:中谷栄太
WORKING!! Re:オーダー (ヤングガンガンコミックス)WORKING!! Re:オーダー (ヤングガンガンコミックス)
読了日:6月30日 著者:高津カリノ
VRMMOをカネの力で無双する5 (HJ文庫)VRMMOをカネの力で無双する5 (HJ文庫)
読了日:6月30日 著者:鰤/牙
ラストエンブリオ (1) 問題児の帰還 (角川スニーカー文庫)ラストエンブリオ (1) 問題児の帰還 (角川スニーカー文庫)
読了日:6月30日 著者:竜ノ湖太郎
王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)王女コクランと願いの悪魔 (2) (富士見L文庫)
読了日:6月30日 著者:入江君人
魔王様ちょっとそれとって!! 3 (ヤングジャンプコミックス)魔王様ちょっとそれとって!! 3 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:6月30日 著者:春野友矢

読書メーター