以下に収納

【ONE PIECE】
おつるさんと一緒にいたの、やはりセンゴク元元帥だったか。引退したんじゃなくて、大目付なんて役職ついてたのね。責任ある立場から降りて、随分と気分も楽そうになっててよかったね。元帥現役時代は気難しい顔ばかりしてたもんなあ。
二日間、藤虎さんは追撃に待ったをかけていたものの、おつるさんたちが来たとなるともう待ちの姿勢は維持できず、ついにルフィとローたちを捕まえるよう海軍たちが動き出す。
が、2日の猶予は国をあげて逃げ出す準備を整えてくれるには十分な時間だったわけで。
ベラミーも生きてたー!! 
ちゃんと治療してくれてたんか。良かった良かった。ダチと仲間は違うみたいなので、一味入りはないんだろうけれど、結局中華系の海賊団の嫁になった娘とベラミーは、ドフラたちとは別に見逃してもらうことになったのね、良かった。
なんか、レベッカの父親についてわざと誤報を流してるみたいだけれど、ぶっちゃけどこぞの名も知れぬ王子様よりも、無敗の英雄でこの解放戦争でも活躍した親父さんの方が、箔はつくと思うんだけれどねえ。
そういえば、ローがセンゴクの名前に反応してたけれど、コラソン繋がりでなんかあるんだろうか。

【背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜】
うほほ、三年生カップルと二年生カップル、両方共部門優勝かー。いや、部長高校生に見えない以前に男にも人間にも見えないんだけれど、正装してダンスしているときはちゃんとカッコイイのがなんか凄い。
二年生組も決まってたし、いやーカッコイイですわ。先輩として惚れ惚れしますわ。
さらに上にもう一組、咲村さんというナンバーワンがいるらしい、というか登場したけれど、この人もいい人そうで、嫌なやついないなあ、素晴らしい。
さて、あのわたりちゃん動けなくなったの、何やら緊張だけじゃないんじゃないか、という不安要素が出てきた模様。肉体的なものなのか、それとも精神的なものなのか。なにか、トラウマっぽいのがあるんだろうか。


【食戟のソーマ】
そうそうそうそう、今回の話で期待してたのってこれなのよね。一年生のみんなが集まって、一致協力して十傑を打ち破る、的な。だから、最初ソーマが一人でやる、と言い出したときはちょっとがっかりしたんだけれど、最終日、美作だけじゃなくて最終盤に肉魅やイタリア兄弟まで駆けつけてくれて、一緒に山場を乗り越える、この盛り上がりは最高でした。うんうん、これが見たかったのよ。
美作も、何か思惑があるわけじゃなくて、ちゃんとあの対決で料理人としての心を取り戻させてくれた恩を返すため、という純粋な理由があって、ちゃんと料理人として一皮むけてたみたいだし、うん、素晴らしか。
これで、この日の売上、久我っちを追い越して一位ゲット。うはは、悔しがってる悔しがってる、ざまあw


【銀魂】
ああ、高杉神威組の方もただじゃ済んでいなかったか。あのあと、追撃くらってたのね。まさか、春雨に神楽たちの親父さんが協力してた、というのは予想外だったが。
これで、神威たち夜兎族も行方不明、高杉と河上も行方不明。鬼兵隊も、来島と武市の二人がようやく逃げ延びて、協力関係にあった見廻組に助けを求めたってわけか。で、その見廻組も壊滅してた、となりゃあ絶望だわなあ。それを、わざわざ万屋に引きあわえてあげるあたり、信女さんも優しくなったというか気が利くようになったというか。まあ、こっちも逃亡中なわけですが。